食べ物

妊活中はいつまでお酒を飲める?妊娠初期の赤ちゃんへの影響は?

毎日お酒を飲んでいたら、受精してから妊娠が分かるまでの期間もアルコールを摂取することになるけど、赤ちゃんへの影響はどうなの?

お酒はおなかの赤ちゃんにとって良くないのは分かるけど、妊娠が分かったらすぐに止められるものなのでしょうか?

お酒好きの女性なら気になる、妊娠超初期の赤ちゃんへのアルコールの影響について調べてみました。

妊婦が飲酒することによる赤ちゃんへの影響

妊娠中にアルコールを飲むことは赤ちゃんにとって良くないことは知られていますがそのメカニズムについて、簡単に説明します。

妊婦は血液を通して赤ちゃんとつながっています。

妊婦の血液が胎盤を通って、赤ちゃんに栄養や酸素を送り届けているのです。

飲酒すると妊婦の血中アルコール濃度が上がります。

妊婦の血管内のアルコールは胎盤を通り、赤ちゃんに届けられてしまうのです。

大人であれば分解できるアルコールも、赤ちゃんは身体が小さく、脳や臓器などの器官が十分に発達していないので、アルコールを分解することができません。

赤ちゃんは血液中のアルコールを分解することができないため、各器官に影響が大きく出てしまうのです。

妊婦の飲酒習慣によって起きる先天性の疾患を「胎児性アルコール症候群」と言います。

妊婦がアルコールを摂取した場合、赤ちゃんの身体に具体的には次のような障害や奇形が起きる可能性があります。

子宮内胎児発育遅延ならびに成長障害

子宮内の胎児の発育が遅延または停止する状態を言います。

体重や身長が小さいだけでなく、種々の臓器の機能的未成熟も問題となり、正常胎児に比べて、申請時罹患率や死亡率が増加します。

ママがお酒を飲むとおなかの赤ちゃんは成長が進まず、なくなってしまうこともあるわけです。

精神発達遅滞や多動症などの中枢神経障害

中枢神経とは脳と脊髄のことで多数の神経細胞が集まり大きなまとまりとなっています。

感覚、運動、意思、情緒、反射、呼吸など、コントロールする役割があり、生命活動の根幹をなす部分です。

この部分に大きな損傷があると生まれてくることができないわけですが、生命を維持することが可能な範囲の小さな損傷であれば、生まれてきて知的障害や多動症など何らかの障害が生じます。

特異顔貌、小頭症など頭蓋顔面奇形

先天性異常や小頭症などにより、顔面頭蓋領域に形態的、機能的な異常を示す場合が多いです。

心奇形、関節異常などの種々の奇形

心臓や関節など様々な部分に奇形が生じます。

左右の心室や心房の間の壁がない「心室中隔欠損」や「心房中隔欠損」、脊椎や四肢、指先などの関節の欠損や変形などがあります。

妊娠超初期のアルコール摂取の赤ちゃんへの影響は?

妊娠したら、お酒をやめようと思っている女性も妊娠初期は気づかずにアルコールを摂取してしまうことがあります。

妊娠していることに気が付くのは、通常2~3ヶ月であることが多いからです。

妊娠に気が付くまでの飲酒の影響が気になるわけですが、アルコールが胎盤を通ることによって赤ちゃんに影響が出るため、妊娠初期の飲酒は影響が少ないともいわれます。

胎盤は妊娠7週頃から作られはじめ、安定期直前の妊娠15週(妊娠4ヶ月末)頃に完成します。

だから妊娠2~3ヶ月目までの飲酒は、あまり気にすることはないかもしれません。

ですが、妊娠4週(2か月)~7週目のころは「絶対過敏期」と呼ばれ、赤ちゃんの神経や各器官が作られる大切な時期なので、この時期の大量の飲酒は流産や先天性奇形などにつながる可能性があります。

妊婦はいつまでお酒を飲めるの?

妊娠が分かった時点から、出産後、授乳を終了するまで飲酒をやめるべきです。

妊娠に気づくのが2~3ヶ月なので、分かった時点ですでに赤ちゃんへのアルコールの影響なないとは言えないし、授乳中の飲酒も血液中のアルコールがおっぱいを通して赤ちゃんに届いてしまうからです。

意図的に赤ちゃんを作ろうと妊活をしているなら、妊娠が分かる前から飲酒を控えるべきでしょう。

特に大量に飲酒することは避けなければいけません。

あなたがお酒好きな女性でストレス発散のために飲むことが必要なら、生理の後1週間ぐらいを飲酒の期間として、排卵期が近づいたら禁酒するという自己管理が求められます。

妊娠が分かった時の禁酒の方法

自分の身体に大切な命が宿ったと思えば自然に止められます。

妊婦や授乳中のママが飲酒すると赤ちゃんの身体に悪影響を及ぼすからです。

どうしてもお酒をやめられないと思っていても、自分の身体に大切な命が宿っていると思うとすんなり禁酒できたり、つわりでお酒を飲めない状態になったりして、意外と簡単に止められるものです。

ですが、実際には「胎児性アルコール症候群」と呼ばれる症例もあるわけで、妊娠が分かっても飲酒をやめられない人もいます。

本人の意志や周りの忠告・サポートだけではお酒をやめられないのは、すでにアルコール依存症となっているため専門の医療機関等を受診することが望まれます。