セックスの後、精液が出てくる。妊活しているけど大丈夫か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんなことありませんか?

楽しい時間が終わってさあ寝ようとしたとき

うわっ、出てきた!
と慌ててティッシュを取り出す。
何が?
半分寝かけている夫。
○○家一族が討ち死にして出てきた!

あははは…がんばれ!
うける夫。
いっぱい出したくせに人ごとか!

くっさ~ 臭う?

と言ってティッシュを差し出そうとする。
いらん、いらん

結構毎回のようにあるのですが皆さんいかがでしょうか。何時間後かに出てくる時もあるらしいです。

昼間仕事してたら○○家が出てきた!

どうするん?そんな時

トイレ行って生理用品当てる

大変やなあ。女の人はみんなあるん?

あるらしい。ネットには出てる

友達にも聞いてみたら?

そんなん聞けない!

女の人は大変だと思います。それにたくさん出てきたら精子が卵管までたどり着けず、妊娠できないんじゃないかと心配になりますね。

だけど心配は無用。そのわけを解説します。

精液全部が子宮を通って卵管にたどり着くわけではない

卵管までたどり着くのは精子だけです。しかもその精子の量は精液のわずか1%なんです。だから仲良しのあと逆流してきても問題はありません。

しかも精子が卵管にたどり着けるのは妊娠しやすい時期だけなのです。それ以外の時期は精子は至急までも到達できない仕組みになっているのです。

女性の体の中は通常「頸管粘液」が分泌されています。これが雑菌やごみなどを体の外に排出させる働きを担っており、子宮や卵管など大切な部分を守っているのです。

「頸管粘液」にはもう一つ働きがあります。それは精子を子宮や卵管まで運ぶ役割です。妊娠しやすい時期には精子が通りやすい状態になり、反対に妊娠しにくい時期には精子が通れないようにする役割も持っています。

女性の体は射精のあと15分から2時間で精液や体液を排出する仕組みになっている

射精から一定時間が経つと膣の筋肉に微動が起きて精液や膣内の分泌物などを体の外に出す仕組みになっています。

女性の体が妊娠しやすい状態になっているときは微動が起きる前に精子は子宮に向かって泳ぎ始めています。だから心配はいりません。

精液の排出を防ごうとしてはいけない

もはや都市伝説ですが、妊活夫婦の中には精液の排出を防ぐために腰を親かより高くしたり、仲良しの後に逆立ちをする奥さんまでいるそうです。

そんなことをしなくても精子は子宮や卵管に運ばれるようになっています。

それに出てくるものは精子以外の精液と女性の体からの分泌物がほどんどなのです。これはいらなくなったものだから排出を止めようとすると病気になってしまいます。

もちろん出てきた中には志半ばで屍となった精子も含まれているでしょう。

だとしてもそれは外に出さなければいけないものなので決して我慢せず出てくるのに身を任せてください。女性の方は大変ですがよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする