自然妊娠を目指して

妊活中なのに性交痛!膣が濡れない原因と対策

性行為のときになぜ膣が濡れないのか、原因と対策を知りたくないですか?

原因は精神的なもの肉体的なもの両方の可能性があります。

根本的な解決を図った上で、潤滑ゼリーエッグサポートを使えば、性交痛が緩和され、精子が卵管にたどり着きやすい環境が整うため妊娠もしやすくなるでしょう。

性行為のときに女性が濡れずに痛い思いをする原因

過去のトラウマ・精神的な恐怖心

レイプなど無理やりさせられた経験があると、性行為のときに過去の記憶がフラッシュバックして、濡れにくくなり性交痛を感じてしまいます。

小さいころから「ブス」「デブ」などと周りの人に言われ続けたり、自分自身でも容姿にコンプレックスがあったり、女性としての自信を持てずにいる人も濡れにくくなる傾向があります。

セックスをするときは自分の裸をさらけ出すわけですから、肉体的な安全と精神的な安心感がなければ、膣が濡れてくることはないのです。

過去に無理やりさせられた経験があると、男性に触れられることはもちろん、声をかけられたり、目の前に男性が現れたりするだけでも恐怖を感じてしまうことがあります。

女性としての自分に自信がないと、目の前の男性が自分に対して魅力を感じてくれるのか、自分とセックスをすることで満足してもらえるのだろうか、などと余計な心配をして、濡れることができなくなってしまうのです。

過去の出来事があった時から時間は経過しているし、相手の男性も場所やシチュエーションも全然違うから、関係ないはずではと思ってしまいますか?

確かに時間の経過とともに過去の傷が癒えることも、相手や場所、シチュエーションが代われば全く別の出来事として受け止められることもあります。

だけど恐怖や不安という感情は、ショックを受けた出来事を思い続けることで記憶が強化されてしまうし、自分自身で新たに恐怖や不安を作り出してしまうことだってあるのです。

恐怖や不安を乗り越えるためには、過去の記憶を上書きできるだけの安心感や自信が必要となります。

まずは性行為に至るまでの日々の関わりの中で、目の前の男性との信頼関係を築くことが先決です。

セックスをする関係になった時も、いきなり挿入せず、場合によっては何日もかけて、徐々に身体が触れ合うぬくもりと安心を感じるところからはじめてみる必要があるでしょう。

ホルモンバランスの乱れ・疲労・ストレス・睡眠不足・体の冷えなど

身体の不調があるときにセックスをしても、なかなか濡れることはできません。

体調が悪いときは脳が身体を休めることを求めていて、セックスに集中することができないからです。

病気のときはセックスどころではないし、ちょっとした体調不良で身体が火照って頭に血が上っている状態のときも、逆に身体が冷えて血流が悪くなっているときも、性的な快感を得ることが難しく、膣は濡れにくくなります。

疲れていてもセックスだけはしたくなることだってあるから、体調と性的な興奮は無関係ではないかと言いたくなりますね。

調子が悪くても逆に性欲だけは旺盛なことだってあるかもしれません。

だけどそれは一時的なもので、身体の調子が悪いと性欲だって長続きしないものです。

ムリしてセックスを続けていたら、本当に病気になってしまいます。

濡れ方が不十分だということは、体調不良のサインかもしれないのです。

まずは不調の原因を取り除いて、健康を取り戻してからセックスを楽しむようにしましょう。

年齢的に身体全体に潤いがなくなってきている

体全体に潤いがなくなると膣は濡れにくくなります。

年を取ると水分が減るので筋肉は固くなり、粘膜は乾燥しやすくなるからです。

そんなときには膣周辺の筋肉をほぐし、粘膜に潤いを与えることで濡れやすくする方法があります。

オイルを使って膣や会陰のマッサージをするのです。

「えっ!膣のマッサージをするの!?」って驚きましたか?

それに年齢により、体内の水分量が低下するからと言って、「セックスのときに膣が濡れるかどうかにまで影響しないのでは」って思いますよね。

詳しく説明すると、赤ちゃんは身体の約75%が水分ですが、20歳女性は約55%、30歳女性は約50%、40歳女性約48%、50歳女性約47%、60歳女性は約42%と年齢が上がるにつれて体の水分が減少し、潤いがなくなってくるのです。

身体の水分量が低下すると、ドライマウス、ドライアイ、乾燥肌という直接的な渇き症状のほかに骨や関節、内臓機能にまで影響が出てきます。

血液中の水分量が低下すると血液がドロドロになり詰まりやすくなるため心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなるのです。

当然、膣も粘膜であるため身体の水分量が低下すると乾きやすくなります。

膣のオイルマッサージは、単にセックスのときに濡れやすくするためではなく、膣や周りの筋肉をほぐすことで、内臓機能を活性化し、身体全体に潤いをもたらす効果があるのです。

https://otokononinkatsu.com/ein-massage/ninshinmae-kokateki.html

性病にかかっている

性病にかかっていると性行為のときに濡れることが難しくなります。

性病にもいろいろありますが、膣や外陰部にある分泌腺や尿道に炎症があると挿入するときに痛みます。

性病によって炎症を起こしていると性行為どころか、おしっこをしたり、下着が擦れたりするだけでも痛みを感じます。

相手に病気をうつしてしまうこともあるため、早めに医者に行って性病の治療を受けしょう。

充分な前戯を行わず濡れる前に挿入している

充分な前戯を行わず、濡れる前に挿入すると女性は膣に痛みを感じます。

充分に濡れていなければ挿入すること自体が難しいし、何とか挿入できたとしても途中で乾いてきて痛みを感じやすくなるでしょう。

経験不足の男性は、どれだけ濡れたら女性は男性を受け入れることができるのかを知りません。

セックスに対して自分勝手な男性は女性の痛みや気持ちよさよりも自分が快感を得ることを優先してしまいがちです。

激しく動かせば、女性はそのうち気持ちよくなるものだって思いますか?

はっきり言ってアダルトビデオの見過ぎです。

性的な知識を得る手段が少ないので仕方ない面もあるのですが、アダルトビデオは男性の性的な興奮を刺激して商品を購入してもらうことを目的として作られていることを理解しましょう。

アダルトビデオから女性を気持ちよくさせる方法を学んでいると失敗します。

実際の女性はもっとデリケートなものだから、お互いにどうすれば気持ちよくなるのか、どうすれば十分濡れてくるのか、話し合うことを含めて、思いやりを持ってセックスを楽しむ必要があるのです。

潤滑ゼリーエッグサポートを使うことで性交痛が緩和されセックスを楽しめるだけでなく、妊娠率の向上にも役立つ

妊活中の性行為のとき、挿入する直前、膣に潤滑ゼリーエッグサポートを注入することにより、性交痛が緩和されセックスを楽しむことができるようになり、さらに妊娠する可能性が高くなります。

性交痛は膣が乾燥することによって起こるため、潤滑ゼリーを注入することにより、挿入するときから射精するまで、潤いを保ったままセックスを行うことができるので、痛みを感じることが大幅に緩和されるのです。

また妊娠するためには精子が元気なまま卵管にたどり着く必要があるのですが、潤滑ゼリーエッグサポートは、精子にとって最適なpH値、粘度、浸透圧、イオンバランスが保たれています。

性交痛がなくなれば、女性が苦痛を感じることなくセックスを楽しめるようになるでしょう。

女性の痛みが少なくなり、セックスが気持ちいいと感じられるようになることは、男性にとってもうれしいことです。

だけど膣に潤滑ゼリーを注入することには衛生面で抵抗があるかもしれませんね。

その点、潤滑ゼリーエッグサポートは研究・開発・品質に至るまですべて国内で行われ、ISO9001認定工場で医療機器基準の環境で製造され、出来上がった製品は完全密封の1回使い切りタイプなので、ひじょうに衛生的です。

ピストン式なので、キャップを取って押すだけと使い方も簡単。

性交の直前に膣に注入するだけで、性交痛が緩和され、精子にとって最適なpH値、粘度、浸透圧、イオンバランスが保たれているため、妊娠しやすい環境を整えてくれるのです。

まとめ

妊活のためにセックスを行うには性交痛の緩和が必須です。

女性がセックスに対して、過去のトラウマ・精神的な恐怖心を感じているなら、パートナーの男性との信頼関係を築き、いきなり挿入せず、徐々に身体が触れ合うぬくもりと安心を感じるところからはじめてみる必要があります。

ホルモンバランスの乱れ・疲労・ストレス・睡眠不足・体の冷えなど体の不調があるときは、不調の原因を取り除いて、健康を取り戻してからセックスを楽しむようにしましょう。

年齢的に身体全体に潤いがなくなってきている場合は、膣のオイルマッサージが効果的です。

性病にかかっているなら、早めに医者に行って性病の治療を受けましょう。

充分な前戯を行わず濡れる前に挿入しているなら、お互いにどうすれば気持ちよくなるのか、どうすれば十分濡れてくるのか、話し合うことを含めて、思いやりを持ってセックスを楽しむ必要があります。

潤滑ゼリーエッグサポートを性交の直前に膣に注入するだけで、性交痛が緩和され、精子にとって最適なpH値、粘度、浸透圧、イオンバランスが保たれているため、妊娠しやすい環境を整えてくれます。