【妊活男性必読】効果的な水の摂りかた。水分ではなく水を飲むことが大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1日に「水」を2L飲むといいです。

」を飲むことで血液やリンパの流れがよくなり、栄養が体中の細胞に行き届き、老廃物を体の外に出しやすくなります。

体の中がきれいになると肌もきれいになり全身が元氣になります。

全身が元氣になると毎日が楽しくなり、パートナーとのセックスライフもさらに充実します。

卵子と精子が元氣なので受精、着床もしやすくなり妊娠する確率が高まります。

毎日「水」を飲むといいことだらけです。

だが2Lの「水」というと結構な量である。

今まで「水」を飲む習慣のなかった人にとってこれは相当きつい。

しかもみそ汁やスープ、ジュース、コーヒーやお茶ではなく「水」だという。

「水」だけで2L。

その他の水分やご飯、おかずに含まれている水分は入れずに「水」だけで2Lってちょっときつくない?

新しい習慣を身につけるには工夫が必要です。

或いは工夫をしなくても済むぐらいの快感を感じたら習慣になります。

「水」がおいしくて飲みたくてたまらない!

「水」を飲むことで体が楽になるから「水」はやめられない!

ってなったらもう努力は必要なくなるけど、それまではやっぱり工夫が必要です。

まずは「朝1番に『水』を飲む」ことです。

空腹のときに飲むことで「水」のデトックス効果が発揮されるので朝1番はもってこいです。

2Lと言ってもいっぺんに飲むことはできません。

一度にたくさんの水を飲むとむしろ有害です。

水中毒なんてのもあるくらいです。

大量に飲むと血中の塩分濃度が低下してしまいめまいや頭痛を引き起こすのです。

そこまで行かなくても普段「水」を飲む習慣のなかった人がいきなり大量の水を飲むと気持ち悪くなったり、胃の中がタッポンタッポンになって動けなくなります。

「水」は少しずつ飲みましょう。

ちなみに人が1度に吸収できるのは200mlまでです。

もう少し詳しくいうと腎臓が処理できるのは「毎分16ml 程度」、つまり10分で160ml、200ml処理するには13~14分必要です。

朝起きぬけにコップ1杯の水を飲んでからトイレに行ったり顔を洗って朝の支度をしていたら15分ぐらいはかかるのでそれから朝食をとるとちょうどいい。

或いは朝にストレッチは運動をする人は最初のコップ1杯を飲んだ後、15分ほどしてから2杯目を飲む。

朝の身支度や運動で1時間ほどしてから朝食をとるとこの時点で400mlの水を飲んだことになる。

次は出勤後です。朝食後2時間ぐらい経過してから水を少しずつ摂りましょう。

10時頃から1時間半ぐらいかけて600ml。これで1日の半分の量を飲んだことになります。

昼食までに30分ほど間隔をあけるので水と食事が混ざることもなく、食事もおいしく召し上がれます。

次は3時のおやつが始まる時間に「水」飲み開始。

ここで400mlほど飲んだら結構お腹も膨らむのでおやつはいりません。5時過ぎまでかけてゆっくりと飲みます。

7時に夕食を摂ったら9時ごろから400mlの「水」飲み。

これだけ「水」を飲んだら当然トイレの回数も増えます。

何度もトイレに行っては職種によっては仕事に支障をきたすかもしれないので工夫が必要になります。

トイレに行く時間が限られているならその前には「水」を控えたり、事前にトイレに行っておくなどの工夫をしましょう。

でもやっぱりトイレを我慢するのは健康によくありません。

トイレを我慢する職業の人は不妊になりやすいそうです。

なんとか工夫してトイレに行くようにしましょう。

それにいきなり1日2Lの「水」は無理だと思います。

1回に200ml飲むのも大変です。

まずは「水」を飲むリズムを作ること。

1回に50mlから始めてもいいです。

ちょくちょく「水」を口にするのです。

トイレに行く回数も徐々に増えてくるでしょう。

職場に水筒を持っていくことも必要になります。

今500mlの水筒を持っているなら1Lか1.5Lに買い替えましょう。

夏場なら汗をかきやすくなるかもしれません。

着替えも準備してください。

それから冷たい水を飲むと体を冷やしてしまいます。

常温の水を飲むようにしましょう。

最近はコンビニでも常温の水を売っているところが増えました。

近頃の健康志向から常温の飲み物を求める人が増えた結果でしょう。

いい傾向だと思います。

ご飯の時の水分は何を摂っても構いません。みそ汁、スープなど好きなものを飲んでください。大根おろしやお浸しなど水分たっぷりのおかずもおいしいですね。

食後のコーヒーや紅茶、お茶ももちろん楽しんでください。

おやつの時もジュースなど好きな飲み物を飲んでも大丈夫です。

とにかく空腹時に水を飲むことです。

少しずつ飲むことから始めると排泄がよくなったり、間食をしなくなるなどの変化が起きてきます。

トイレのリズムも変わってくるので1ヶ月ぐらいの時間をかけて徐々に「水」の量を増やしてください。

1日2Lの「水」というのは体重60㎏の人の目安です。

体格によっても必要な「水」の量は違ってきます。

毎日ほとんど「水」を飲む習慣がなかった人にとっては毎日1Lでも違いが出てくるので、自分にあったペースで「水」を飲むようにしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする