妻が妊活に苦しんでいてもどうしたらいいのか分からない男性も多い

旦那さんの理解を得られずに奥さんが一人で妊活を始める夫婦も多いと聞きました。

中には妊活の話をするだけで険悪な雰囲気になって、夫婦関係がぎくしゃくしてしまうことさえあるようですね。

せっかく家族を増やして幸せになろうとしているのにすごく残念なことです。

確かに妊娠出産をするのは女性だし、男性は自分のこととしてとらえにくい面はあります。

だけど子どもを望んでいる多くの男性は自分できることは何でもやってみたいと思っているのです。

ただどうすればいいのかが分からいだけなんです。

旦那が妊活に取り組んでくれないという場合に、単純に不理解によることも多いのです。

妊娠は女性の問題だと決めつけてしまっている男性は多いからです。

不妊治療に病院に来た夫婦の半数近くにおいて男性側に問題があったというデータもあるという事実を突きつけてみるのも良い方法ですが、それでも自分は関係ないと決め込んでしまう人もいます。

だからと言って理屈だけで人はなかなか動かないものです。

私の場合もそうだったのは確かですが、妻が婦人クリニックから帰ってきてその話をしてくれたのが妊活に対して前向きに取り組むことになったスタート地点でした。

妻の教育?協力に感謝

なぜだか分からないけど私は素直に妻の話に耳を傾けることができました。

妻が繰り返し私に教育してくれたことが最終的に私を妊活させるように方向づけてくれたのです。
男性の多くが不妊の原因になっているというデータの話をしてくれてから、ほぼ毎日のようにして妻は私に不妊対策に関する話をしてくれました。

仕事から帰ってきて一緒に夕飯を食べているときに必ず何かの話題を提供してくれていたのです。

亜鉛をいっぱい摂取すると細胞が増えやすくなって妊活に良い、妊婦だけではなくて男性にも葉酸が必要といった形で食事に関連する栄養の話がほとんどでした。

この他にも生姜が血行を良くするという話やアミノ酸が豊富な発酵食品が良いなどといった形で様々な形で男性も摂ると良い栄養や食品についての話をしてくれました。

元々栄養や健康に対しては関心が高かったし、ちょうど健康に気をつけたいなと思っていたので興味深く聴くことができました。

ただ、妻は徹底していて、一度も食べるように勧めたこともなければ、食べない方が良いものについて禁止することはありませんでした。

これがすごくよかった点です。

もし妻が強引に私の食生活を変えようとしていたら反発していただろうし、毎日喧嘩になっていただろうと思います。

妻はただ自分で勉強して知った妊活の知識を私に提供し続けてくれたのです。

妻の話し方は明るく新しい知識を得てそれを私に話すことが楽しいようでした。

しかし、それによって私の意識が自然に変わっていきました。

昼食を外食するときにも普段ならラーメンにするところをカキフライを選んだり、パスタを食べるときにも具材に野菜や枝豆を使っているものにしたりして、妊活とまでは言えなくとも男性側に問題があるとしたら摂るべき栄養のある食べ物を選ぶようになっていたのです。

そのときは無意識だったのですが、あるときにお昼は何を食べたのかと聞かれて、カキフライとシジミの味噌汁という話をしたら妻に笑われてしまってようやく気づきました。

まんまと術中にはまり、うまく妻に妊活をするように教育されていたのです。

頑固な私の性格をよく理解していたので知識を教えて自分で妊活をさせるのが良い方法だと想像できたのでしょう。

それに妻の言うとおりにしていたら体調がよくなってきたのです。

体調がいいので仕事も順調で、帰ってからも元気です。

野菜をあまりとらず、脂っこい食べ物ばかり選んで食べていたのが、新鮮な野菜や煮物なども摂るようにしたので当たり前と言えば当たり前です。

急に食べ物の思考が変わったので同僚には驚かれましたけど。

この一件があってから妊活に対してその気になって取り組むようになり、時間はかかりましたが妊娠するに至ったのです。

病院には行かなかったけど多分、動きの悪かった精子が元気になったのだと思います。

それに夫婦の会話も増えたし、妻も私も前より健康的になったから専門的なことは今でもよくわからないけど、お互いに妊娠しやすい体になっていったのだと思います。

あくまで私たち夫婦がこうだったという話で参考になるかどうかわかりませんが、ただ言えることは妊活をしている間、毎日楽しかったのです。

それまでも、今ももちろん幸せですが何をするにしても楽しいかどうかってことはすごく重要だと思います。

あとよく眠るようになりました。

いくら楽しいって言っても妊活を意識で毎日過ごすってことはどこかでプレッシャーを感じるものです。

仕事で遅くなることもあるし、疲れることもあるので睡眠時間を大切にするよう心がけました。

睡眠をよく取るということは健康にも妊活にもいいですね。