妊活男性にとってのダイエットの必要性と意義を考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

何で妊活男性にダイエットが必要なの?

エーッ!妊活男性もダイエット!!

男は妊娠するわけじゃないし太ってても問題ないんじゃないの!

そう思いませんか?

女の人の場合、母体の栄養状態は胎児のそのまま影響するし、太りすぎていたら出産のときに大変そうだから、ダイエットしなきゃなんないのはなんとなく分かるけど、なんで妊活男性が必要なの???

男は妊活中、好きなように食べても問題ないんじゃない?

だけど奥さんがダイエットしたり、生まれてくる子供のために食べるものを工夫しているのに旦那さんが好きなものパクパク食べていたら、そりゃ怒るよ。

目の前でチョコレートやポテトチップス食べられたら我慢できないよ!

奥さんイライラしたら家庭不和の原因にもなりかねない。

セックスレスなんてことになったら楽しくないし、当然子供も作れない。

えらいこっちゃ!

奥さんの機嫌がいいと大抵男性は幸せに暮らせます。

奥さんの機嫌は夫婦関係の重要ポイントですから。

それに夫婦で一つの目標に向かって力を合わせれば妊活ライフだけじゃなく、今後の人生も楽しむことができますからね。

食生活の改善が必要なら夫婦で取り組みましょう。

工夫次第でおいしく食べられるし、糖質を減らせば結構簡単に痩せられます。

禁煙禁酒も夫婦で力を合わせればいい成果が得られるかも。

妊婦の飲酒は胎児にとって良くないから、女性は妊娠が分かった時点から禁酒します。

お酒好きの奥さんが禁酒するストレスは理解してあげなくちゃ!

受動喫煙は胎児に悪影響を及ぼすので可能なら妊活を機会に禁煙にも取り組みましょう。

家計は助かるし健康にもいいし、いいことだらけ。

とにかく妊活男子の重要な任務は奥さんに協力すること。

一緒に散歩したり、映画に行ったり、色々お話ししたり、カラダにいいお茶買ってきて飲んでみたり…

楽しいことばかりですね(>^O^)>☆

子供が生まれた後もずっと健康でいたいから

まあ肥満は健康に悪いし、生活習慣病の原因になるのでこれから父親になるって時に病気になんかなったら働けないし、家族を養っていけなくなったら大変だ!

子どもが生まれたらお風呂に入れたり、おむつを替えたり、いっぱい抱っこしてあげたり、歌ったり、しゃべったり、あやしたり…

することがいっぱい!!! 体力いるだろうなー。

ちょっと大きくなったら走り回るし、ボール蹴りやキャッチボールの相手もするぞー。

自然に囲まれた場所でキャンプしたり、サイクリングに出掛けるのも楽しみ。

人前で大声出したり、電車の中やレストランで走り回ったりしたら怒らないとね。

妊活男子は結構年齢がいっている場合が多いから、子どもが一番元氣な時に50代、60代、もしかしたら70代ってこともあり得る。

こりゃ大変だ! 妊活だけじゃなく育児は体力勝負なのだ。

それだけじゃない!

肥満はEDや性欲減退の原因になる!

セックスできなきゃ子育て以前の問題だ。

肥満に関連の深い高脂血症や糖尿病はEDの原因になる

ちょっと説明するとEDは高脂血症、高血圧、糖尿病などと同じく血液や血管に関する病気です。

そう「EDは血管の病気」なのです。

意外な感じがするかな?

高脂血症、糖尿病により血液がドロドロになって血管が詰まると脳梗塞や心筋梗塞になるって話はよく聞くけど、同じ理由でペニスの血管も詰まるのです。

ペニスが勃起するのは海綿体に血液がドッと流れ込むからです。

男性が身体的・精神的に性的な刺激を受けると気持ちいいと感じた脳が海綿体に血液を送り込むように指令を出すのです。

ところがペニスの血管が詰まっていては血液がうまく流れない。だから勃起しない。

そしてペニスの動脈は心臓や脳のそれより細い。

血管は当然細い方から先に詰まる。

つまりEDになるってことは心筋梗塞、脳梗塞になる前兆でもあるのです。

なんと恐ろしい…。ただ勃起しないという問題だけではなかった。

だけど考えようによってはありがたいかも。

あそこが勃たくなった時に「最近元氣がなくなったなぁ」っていうけど本当に病気の予兆なのだから。

セックスライフが充実しているということは夫婦が健康で幸せであるということです。

「あそこが元氣だと全身が元氣」とはそういうことなのです。

夫婦が幸せだとそれは周りの人々に伝わります。

幸せは循環するから自分たちのところにも帰ってくる。

子宝に恵まれる日もきっと近いはずv(^δ^)v

でもダイエットは無理しないで!

矛盾したことを言うようだけど、

太りすぎを氣にしてストレス溜めるのもよくない。

ダイエットを気にしすぎて拒食症になる人までいる。

「ダイエットしなきゃ」、「痩せなきゃ」を毎日毎日呪文のように繰り返すもんだから、洗脳されちゃうんだね。

日本はバラエティー番組や健康番組で太りすぎを悪者にしすぎる傾向が強い!

確実に視聴率が稼げるから…。

だけど太っていても毎日元氣でセックスを楽しめているならあんまり氣にしなくてもいい。

最近は社会もそういう傾向に向かいつつある。

太っていても健康でパワフルな人がテレビで活躍している姿が増えてきた。

ダイエットに悩むことで陰氣になるなら氣にせずいつも陽氣な方がいい。

そんな生き方、考え方が注目される時代になりました。

ダイエットはストレスを感じないよう無理なくするのがいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 妊活について

    妊活について 妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった活動。 これが「Wikipedia」の説明。 子どもが欲しいと望んでいるのに出来ない夫婦。 最近この言葉が増えています。 悩んでいる人が多いということかもしれませ…