【妊活男性必読】1日2Lの水を飲むことで血液とリンパ液の流れを整え体内の老廃物を排出し妊娠しやすい体を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

健康のために1日2Lの水を飲むとよいということをよく耳にします。

水分ではなく「」を飲むことが大事とのことです。

みそ汁やスープ、ジュース、コーヒー、お茶などではなく純粋に「水」を飲むことが体に良いとのこと。

洗濯をするときコーヒーやお茶は使わずに水を使うのと同じ理屈だそうな。

そう、「水」によって体の洗濯をするのです。

栄養素は血液によって体の各部位に運ばれてきます。

老廃物も血液によって運ばれ体の外に出されます。

一つひとつの細胞に栄養素や酸素を届け、二酸化炭素や老廃物を運び出すのが血液の役割なのです。

卵子や精子も細胞の一つなので、栄養が届かなかったら元氣になりません。

元氣がなくなったら受精や着床する力がなくなり、その結果妊娠することが出来ないのです。

もちろん卵子や精子だけじゃなく卵管や子宮その周りの器官、母体の健康を支える体中のすべての細胞が元氣でいることが大切になります。

水が不足するとその血液がドロドロになって最悪の場合血管が詰まって心筋梗塞や脳卒中など色々な病気に繋がります。

血管の中がサラサラで栄養や酸素、老廃物を運びやすくしておくことで体中を健康にするのです。

そのために必要なのが「水」を飲むことなのです。

繰り返しますが、みそ汁やスープ、ジュース、コーヒー、お茶などではなく「水」です。

「水」以外の水分では体内の老廃物をきれいに運び出すことが出来ないからです。

お茶やコーヒーでは洗濯物がきれいにならないのと同じ理屈です(やったことはないけど…)。

とは言え、食事の時はみそ汁やスープも飲みたいし、ごはんやおかずそのものにも水分が含まれている。

食後のコーヒー、紅茶、ジュースなども楽しみ。

はい、飲んでください。

「水」以外の水分を摂らないでと言っているわけではありません。

食事の時や食後は「水」以外の水分を摂ってください。

食事の時に「水」を飲んでもいいですが、この時の水は胃の中で食べ物やその他の水分と混じるので体の中をきれいにする効果はありません。

だから食事や食後は好きな水分を摂ってください。

体の中をきれいにして、血液をサラサラにするために「水」を飲むのは空腹の時です。

空腹のときにたくさんの「水」を飲むことにより細胞レベルで体質を変えていくことができます。

現代人は多量の食品添加物を摂取しています。出来るだけ摂らない方がいいのですがいくら努力しても知らない間に摂取しているものです。

しかし人間の体はそれらを体外に排出するシステムが備わっています。そのシステムを働きやすくするのが「水」の役割です。

食品添加物以外にもタバコの煙(受動喫煙を含む)、汚染された空気から有害物質が入ってくることもあります。

ストレスや不規則な生活、運動不足、過度の飲酒なども体内に有害な物質を溜めやすくします。

そんなときにも体の中をきれいにしてくれるのが「水」なのです。

もちろん「水」を飲むこと以外にも、適度な運動、十分な休養と睡眠をとるなど有害物質を溜めない工夫も大切です。

「水」をたくさん摂ると当然おしっこをしたくなります。

トイレは我慢してはいけません。

トイレに行くことを我慢しなければいけない仕事をしている人ほど不妊の確率が高いという報告もあるぐらいです。

トイレに行けない人は水分摂取量を抑えるので体の中がドロドロになって老廃物が溜まり、卵子を含めた細胞に栄養が行かなくなるのです。

トイレを我慢しないでください。

足がむくみやすい人は立ち仕事や座り仕事で足の筋肉を動かしていないこともありますが、「水」が不足していることもあるのです。

「水」を摂る方がむくみやすくなる氣もしますが実際はその反対です。

血管がドロドロになると水分を排出することもできにくくなります。

また「水」が体内に入って来ないので水分不足になることを恐れて、体が体内に水分をとどめておこうとします。

「水」を飲むことで水分も体から出ていきやすくなるのです。

体内のよどみをなくして循環をよくすることでむくみもなくなります。

体の中がきれいになるので体の外もきれいになります。

つまり肌つやがよくなり、表情も明るくなります。

消化吸収がよくなるのでご飯がおいしくなります。

空腹の時間に「水」をたくさん飲むので間食がなくなります。

暴飲暴食をしなくなり、排泄もよくなるので結果ダイエットにもつながります。

身体が楽になるので毎日が楽しくなります。

パートナーとのセックスもより楽しくなることでしょう。

細胞が元氣なので卵子と精子も元氣で受精、着床がしやすくなります。

着床した後の子宮やその他身体の器官が健康なので胎児にとっていい環境が整っています。

「水」の飲み方についてまとめると

空腹のときに「水」を飲む。ジュースやコーヒー、お茶などではなく「水」を飲む。

食事時や食後には「水」以外の水分を摂ってもよい。

ということになります。

「水」は浄水器を使うなどきれいな「水」にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする