【妊活男性必読】排卵日2日前を知る方法 排卵検査薬を使いこなそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうすれば排卵日2日前を知ることが出来るのか?

今回は、排卵日2日前が最も妊娠しやすいって言われるわけとその日を知る方法についてです。

赤ちゃんを欲しいと思っている夫婦にとってはどのタイミングでセックスをするのが最も妊娠しやすいのだろうか。

その日は「排卵日当日」と思っている夫婦も多いようだが、最近の研究では「排卵日2日前と前日」が最も妊娠する確率が高いという報告が発表されている。

一般に女性は妊娠の確率が高くなるころにセックスをしたくなる傾向にあるが、それを裏付ける体の変化が実際に起きているのである。

もちろんその時だけ集中的にセックスをするだけでなく、普段からできるだけストレスの少ない生活をして身体の調子を整え、日々のセックスライフを楽しむことも重要な要素である。

目次
妊娠する確率は排卵日2日前と前日が最も高い
女性は排卵日前の妊娠しやすい時期に一番セックスがしたくなる
どうやって排卵日2日前を特定するのか
排卵日4~5日前から毎日セックスをしよう

妊娠する確率は排卵日2日前と前日が最も高い

そして排卵日当日にはむしろ妊娠の確率が落ちるという研究結果が発表されている。

このことを検証してみたい。

受精は卵管の中にある卵管膨大部で精子と卵子が出会い受精することによって起こる。

卵子は約24時間、精子は3~4日とそれぞれ寿命がある。そのうち受精可能なのは卵子が6~8時間、精子が84時間(3.5日)。

寿命が尽きる直前は卵子も精子も受精の能力がなくなっているか著しく低下しているということ。

受精卵は約7日かけて卵管内を移動しながら細胞分裂を繰り返し「胚盤胞」となったころ子宮内膜にたどり着く。

そこから約5日間かけて子宮内膜に着床する。

精子と卵子の命の限界が近づいたぎりぎりの状態で受精するということはそこから細胞分裂を繰り返し、着床するエネルギーは残っていないということ。

排卵日当日のセックスで受精した場合はその8割が淘汰される(死亡する)という。

排卵日当日のセックスで受精するということは寿命の尽きる直前の卵子に滑り込んで何とか受精したということ。

だからそこから細胞分裂を繰り返し、着床するというエネルギーは残っておらず排卵日当日のセックスで妊娠できても受精卵は途中で死亡する確率が高い。

だから妊娠するためには元氣な精子と卵子が受精する必要がある。そのためには排卵前に卵管の中にある卵管膨大部で精子が待機している状態を作ることが望ましい。

それも精子が生きのいい状態でたどり着く必要がある。そのためにちょうどいいのが排卵日前々日と前日にセックスをすることである。

女性は排卵日前の妊娠しやすい時期に一番セックスがしたくなる

女性は排卵日前にセックスすると妊娠しやすいことを本能的に感じている。

意識していなくても体がそのように反応している。

女性の膣内は子宮頸管粘液によってウイルスや細菌、埃などの侵入を防ぐ役割を持っている。

その中を泳いでいかなければならない精子にとっては大変過酷な環境となっており、実際に1度のセックスによって膣内に放たれた2億個の精子はその大変が死滅し卵管までたどり着くことが出来るのはわずか200個と言われている。

普段の膣内は酸性に保たれており、精子にとっては生存するのが難しい状態になっている。

ところが排卵日前になると膣内はアルカリの粘液が分泌され精子にとっては快適な環境に代わり、卵管まで泳いでいきやすくなる。

排卵日前にセックスをすると膣から出てくる液がいつもよりさらっとしているのを感じる男性諸氏もおられることだろう。

パートナーの色気も増して、膣の中でも精子を歓迎してくれるのである。

どうやって排卵日2日前を特定するのか

本能に任せるのも一つの手であるが、排卵日2日前を特定するのにいい方法がある。

まずは基礎体温を計り、おおよその排卵日を特定する。

「おおよそ」と書いたのは排卵日から高体温期に代わるため基礎体温では正確な日を事前に予測することは難しいからである。

そこで排卵検査薬(排卵チェッカー)を使う方法がある。使い方は妊娠検査薬と同じで、チェッカーに尿をかける。

低体温期(卵胞期)に育ってきた卵胞は、脳下垂体から大量に分泌されるLHサージに刺激され、その約30時間後に排卵が起こる。

LHサージが大量に分泌される約1時間を捉えて妊娠検査薬(排卵チェッカー)で調べるとはっきりとした線が出る。

しかしその線はその3日前から薄く出るのである。

それがタイミングを取り始めるときである。

排卵日4~5日前から毎日セックスをしよう

排卵検査薬(排卵チェッカー)にプラス反応が出たときから毎日セックスをしよう。
そうすれば排卵されてくる卵子を卵管膨大部でお出迎えすることができる。

もちろん排卵2日前のタイミング以外の日も頻繁にセックスをしてパートナー同士お互いにセックスに対して脳が「快」を感じる状態を作っておく必要がある。

そのためには健康状態を整え仕事や人間関係のストレスを溜めないようにしたい。

デートや食事、買い物、趣味など夫婦で楽しい時間をたくさん共有した上で楽しいセックスの時間を持ちたいものである。

そして「排卵日2日前」を逃さないでね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする