禁欲はしなくていい!?

一昔前は妊娠を目指してセックスをする場合「排卵日の前の数日間は禁欲をして、精子を充分溜めてからする」ように言われてきました。

 

今でもこれを信じて実践している人がかなりいるようですが、この教えは本当でしょうか?

 

元氣が有り余って毎日でも楽しみたい人にとっては相当な我慢が強いられます。

 

新婚ならなおさらです。

 

素敵な奥さんと楽しい毎日を過ごしていると自然にいい雰囲気になるもんです。

 

そんな状態で毎月タイミングを合わせるために数日間禁欲するのは結構きついし、気分を大事にしたいのになんか嫌ですね。

 

セックスはしたいときにするのが1番だもんね(^▽^)

ところが妊活男性の皆さん、朗報です!

禁欲しなくてもいいんです。

 

むしろ禁欲してはいけないんです。

 

妊活のためには毎日する方がいいんだって!

 

ということでどんどんセックスを楽しみましょう (o^。^o)

 

禁欲して溜めて排卵日を狙って…

 

今は昔です。

 

最近の研究では禁欲するとむしろ精子の質が低下することが分かってきた。

1万ものサンプルを集めて研究した人がいます。

 

それで毎日射精しても精子の質や精子濃度、運動率に変化がないということが分かったのです。

 

逆に5日以上禁欲すると精子の質が落ちてくるそうです。

 

妊娠の確率も週1回のセックスでは15%程度で、週に2回すると33%に上昇し、 毎日すると37%まで上がるという報告もあります。

 

精子には寿命があります。

セックスにより膣に射精されると4~5日でその命が尽きます。

 

射精後84時間、つまり3.5日で受精の能力がなくなります。

 

そして射精せずに男性の体の中にとどまっていても製造後5日も経つと精子の質が悪くなるんです。

 

つまり動きが低下したり、受精の力がなくなるというわけです。

 

動きが悪いということは射精後、膣から子宮頚管を通って子宮へ、さらに卵管峡部の貯蔵庫へ泳ぎ着く力がないということです。

 

泳ぐ力があっても受精するがなけれ当然妊娠できません。

 

毎日数千万個の精子が作り出されるので在庫を抱えずにどんどん消費すればいいのです。

 

ところでなぜ「禁欲をして溜めた状態で排卵日のセックスに臨め」と言われてきたのでしょうか。

昔は今ほど妊活についての研究が進んでいませんでした。

 

それで経験則から色々な人が口々に語り出したものと思われます。

 

毎日射精すると確かに精子の量が減ってしまいます。

 

それでイコール妊娠することが難しいととらえたのでしょう。

 

「精子が薄くなる」と表現されましたが、実際には変化がありません。

 

2~3時間おきに射精しても精子の濃度に変化はないという報告まであるくらいですから(量は確かに減ります)。

 

色々な研究を総合すると

・毎日射精しても精子の質、濃度、運動率には変化がない

 

・毎日セックスした方がそれ以下の場合に比べて妊娠する確率が高い。

 

・人工授精、体外受精、顕微授精の場合も禁欲期間が2日以下のときの方が3日以上禁欲するより受精する確率が高い。

 

ということが言えそうです。

 

「毎日セックスをする方法が一番妊娠する確率が高い」のです。

いかがでしょうか?

 

「やったー。これで毎日堂々とできる」と喜んでいる人や「毎日って言われてもちょっと…」と戸惑っている人など反応は様々だと思います。

 

確かに毎日は大変です。

 

仕事やプライベート色々な用事があります。

 

日によって体調も違うし、その日の気分によってセックスしたくない日もある。

 

自分はしたくても奥さんが乗らないとか、その逆もあり得る。

 

子どもを作って幸せな家庭を築くことが目的なのに「セックスしなきゃいけない」なんてのははっきり言って苦痛です。

 

だからもちろん無理しなくていい。

 

自由でいいんです。

 

ちなみに日本人の平均は週に1回弱だそうです(妊活夫婦はもっと多いでしょう)。

 

国別調査の結果から言うとかなり少ない方です。

 

日本人はよく働くから夜の方まで力が残っていないのかな。

 

それとももともとの体力的な問題なのかは分かりません。

 

ちなみに一番多いのはギリシャで週2.6回もしているんだって。

 

お国柄によっても違うんですね。

 

ちなみに「排卵日を狙え」という教えもちょっとだけ的を外しています。

最近の研究で言われているのは一番妊娠しやすいのは「排卵日2日前」です。

 

女性の身体の中で、排卵後すぐの卵子を精子がお出迎えしてめでたくゴールインするには排卵日の2日前にセックスをするのが一番だからです。

結論、禁欲をせず出来るだけ毎日セックスをして、「排卵日2日前」付近では特に間隔を詰めてセックスをすることが妊娠の確率を高めるためにもっとも適した方法であると言えます。

 

数打てば当たるかもしれません。

 

好きなようにしていいわけだけど、子どもが欲しいならちょっとだけ回数を増やしてしてみよう。

 

排卵日2日前が一番妊娠しやすいからと言ってその付近だけ毎日するというのは結構きつい。

 

だから普段から週2~3回の人は3~4回に増やしてみるというのはいかがでしょうか。

 

もちろん「毎日やってます」という方はそのまま続けてください(^-^)

 

禁欲は必要ないですよ!