【妊活男性必読】ストレスを溜めない生活が妊娠しやすい体を作る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ストレスについての小話

ストレス」について検索すると「原因となるもの」、「ストレスからくる症状」、「ストレスからくる病気」など詳しく出てきます。

一般的にストレスというと原因としては仕事のストレス、家族、友人、近所づきあいなど人間関係のストレスなどが挙げられます。

また物理的な要因として騒音、悪臭、振動など公害とも言えるようなものや花粉、ウイルス、寒さ、厚さ、湿気などの環境的なものもあります。

人ごみ、渋滞、たばこ、酒、嫌いな食べ物など挙げればきりがありません。

ストレスからくる症状としてはイライラ、なんとなく元氣がない、胃が痛い、不安感など様々です。

ストレスからくる病気としてはうつ病などの精神症状、円形脱毛症、神経性胃炎、片頭痛などこちらも様々です。

ストレスについては原因症状など挙げればきりがなく、対処法もたくさんあります。

そこで今回は男の妊活塾として、血液循環をよくすることが細胞を活性化させ、元氣な卵子と精子を作り、結果として妊娠につながるという観点からストレスを語ってみたいと思います。

EDについてちょっと復習

「生活習慣病はEDから始まる!脳卒中・心筋梗塞の人は100%EDであるという事実」のところで書きました。

「あそこが元氣だと全身が元氣」なのです。

高脂血症や糖尿病の人は脂分や糖分によって血管がドロドロになっています。

脳や心臓の血管よりペニスの血管の方が細いので先に詰まりやすい。

よってEDの人は脳卒中、心筋梗塞の予備軍かもしれない。

すでに脳卒中、心筋梗塞になっている人は100%EDである。

だから生活習慣病を予防することがEDの予防につながる。

①生活習慣病を予防するには食生活を改める。

②ストレスを溜めない生活をする。

③運動をする。

④休息も大事。

とだいたいこんなことを書きました。

②は最後に触れるとして、考えたら①も③も④も全部ストレスなんです。

食生活が乱れて体が負担を感じているということはつまりストレスです。

脂っこい食べ物を消化しきれない状態というのは胃にとってストレスです。

それによって血液がドロドロになって血管が詰まれば、血管にとっても心臓にとってもストレスです。

すぐに息切れがするなら肺や器官にとってもストレスです。

③もストレスです。

運動不足で体がなまったらストレスです。

ジムに通いたいけど仕事が遅くなって行けなかったらストレスです。

運動をしすぎて筋肉痛になってもストレスです。

また「運動をしなくちゃいけない」と思うのもストレスです。

④もストレスです。

睡眠不足は究極のストレスです。

休みが取れず家族と過ごす時間が取れないのはストレスです。

天気のいい日に用事が入り出かけられないのもストレスです。

遊園地に出かけ長蛇の列に並ぶのもストレスです。

②を最後の書くと言ったけど、書く必要がなくなったのでまとめに入ります。
要するに日常生活のあらゆる物事がストレスになるんです。

ストレスのない人生が仮にあったとしたらそれ自体がストレスになります。

健康にいいものばかり食べていたらたまにジャンクフードが食べたくてストレスがたまる。

好きなものばかり食べられる生活を送れたら健康を失う。

毎日好きな時間にジムに通うことが出来たら仕事は大丈夫かと不安になる。

毎日家族と自由に過ごすことができたら、仕事で困難な局面を乗り越えた充実感が味わいたくなる。

遊園地が貸し切りで乗り物全部乗り放題ならあまりのだだっ広さに不安を感じるかもしれない。

何もかもうまく行ったらそれはそれでストレスを感じるものなのです。

人は何か目の前の課題、自分にとってストレスに感じる何かがあってそれに対処していくことで成長できるものなのです。

だからストレスはあっていい。

筋トレは負荷というストレスがあって初めて効果がある。

仕事上の失敗というストレスがあって改善方法が見つかる。

挫折を乗り越えて人として成長できる。

そういうもんです。

だけど過度のストレスはいけません。

筋トレは軽すぎると効果がないけど重すぎると体を壊します。

人生の課題も重過ぎると病気を発症することがあります。

何事も適度なストレスが一番です。

要はストレスを感じてもうまく対処することが出来れば健康的に生きていくことが出来るのです。

細胞が活動すると必ず老廃物ができるのです。

それをうまく流すことができたら細胞は劣化したり老化することがありません。

ストレスや老廃物が悪いわけではありません。

自分が何にストレスを感じているのかを把握してそれに対して適切に対処する方法を身につけましょう。

ストレスの原因を具体的に書きだすことをお勧めします。

家事の場合

洗濯物がたまっている

→洗濯機に入れる前の物がたまっているのか、干してあるのを取り入れるのか、あるいは取り入れたものをたたむのか。

掃除ができていない

→リビングの掃除機をかけるのか、風呂掃除なのか、庭の掃除か、あるいは大掃除のように年に何回かしかしないようなところなのか。

銀行や市役所に行く用事がたまっている

→いつまでに行くのか、どこ行くのかなど。

とにかく具体的に書きだすことです。

それから一つひとついつやるのかを書きだし一つひとつ解決していきます。

解決すると線を引いて消したり、紙を破いて捨てます。

自分だけで解決できない場合はパートナーや家族、友人の助けを借ります。
これは仕事上の課題でもプライベートの用事でも、資格試験でも筋トレでも何でも応用が効きます。

要するにやることリストを作って期限を切って一つずつクリアにしていくのです。

そして自分のキャパを超えているなら誰かに助けを求めるか、それはやらないこととして思い切って捨ててしまいます。

そうやって自分のできる範囲のことを一つひとつクリアできるようになるとストレスを溜めない生活が手に入ります。

ストレスがなくなるとエネルギーが健全に流れるので全身が元氣になり、妊娠しやすい体が手に入るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする