体外受精とは?卵巣や卵管に問題があっても妊娠できる可能性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自然に赤ちゃんができるのを待つよりも妊娠できる可能性が高いから体外受精を受けるわけだけど、いったいどんな時に有効なんでしょうか?

またどうやって卵子と精子を取り出して、受精卵を女性の体に戻すのでしょうか?

そんな疑問にこたえるべく体外受精を分かりやすく説明したいと思います。

体外受精はどんな時に有効なのか?

「体外受精」は精子と卵子を採り出し、胚培養士が人工的に受精させ、培養した受精卵を子宮に戻して妊娠を目指す方法です。

そのため卵巣や卵管に問題があって排卵がうまく行かない人でも妊娠に至る可能性があります。

卵子は卵巣で作られます。卵子自体が作られていない人の場合はそもそも乱視がないわけですから体外受精はできません。

ですが卵子は作られているけど「卵管采」がうまく卵子をうまくピックアップできなかったり、「卵管」の部分の通りが悪かったりするなど何らかの理由により排卵がスムーズにできない場合に体外受精は有効です。

男性の採精の方法は簡単

男性の精子を採精する方法は無精子症などの問題がない限り基本的に「人工授精」と同じです。

マスターベーションによって容器に取り出した精子を薬品を使い、遠心分離機にかけて高速回転させることで洗浄・元氣な精子を選別したうえで使用するのです。

女性の採卵の方法

女性の身体から卵子を採りだす「採卵」は男性の採精ほど簡単には行きません。

自然に排卵してしまった後の卵子は受精には使えないので、排卵前の卵子を捕まえる必要があるのです。

だから医師が体に針を刺して吸引するのです。

卵子は精子のように大量にあるわけでなく、通常月に1度、1個のみ排卵されます。

排卵のタイミングに合わせて採卵しなければならないし、その1個が受精に適しているとも限らないのです。

だからまず採卵までに数日かけて薬を飲んだり注射を打ったりして準備を始めるのです。

自然妊娠の場合は1回の排卵で1個の卵子が左右どちらかの卵巣から排卵されますが、体外受精の場合は排卵促進剤が用いられることが多く、1回の採卵で5~20個の卵子が採卵されます。

排卵促進剤の後は採卵までに流れてしまわないように排卵抑制剤が使われるのです。

排卵のタイミングは超音波で調べます。

採卵の方法は経腟超音波装置に器具をつけ、そこに採卵用の針を刺し膣内に取り付けます。

その後卵巣に針を刺し、卵胞を吸引するのです。細い針より太い針の方が傷みますが、たくさんの卵子を傷つけずに取り出すことが出来るというメリットがあります。

通常は麻酔を使わず日帰りで行います。

取り出した卵子と精子を受精させ、培養、そして女性の体に戻す(胚移植)

採卵後それぞれの卵子に精子を受精させ、元気に育った受精卵を選び女性の体に戻す(胚移植)のです。

 胚移植の方法は「新鮮胚移植」と「凍結胚移植」の2種類ある。いったん凍結させて周期を合わせた方が妊娠しやすい

この胚移植の方法が2種類あります。

一つは受精卵を新鮮なまま移植する「新鮮胚移植」といったん凍結させたのち解凍してから移植する「凍結胚移植」です。

なぜわざわざ受精卵を凍結させる必要があるのか疑問が湧いてきますね。

受精に適した元氣な卵子を複数個採卵するために、採卵までにホルモン剤や排卵促進剤、排卵抑制剤などの薬剤投与を行って人工的に排卵を促します。

採卵に際しては卵巣に針を指して吸引します。

そのため採卵を終えた女性の体は傷ついたりホルモンバランスを崩したりして妊娠しにくい体になっているのです。

ですから採卵をして、そのままの生理周期で妊娠を目指す「新鮮胚移植」より、体調を整えて次かさらにその次の周期で受精卵を移植する「凍結胚移植」の方が妊娠しやすいのです。

実際にそのままの生理周期で妊娠を目指す「新鮮胚移植」では約20%の妊娠率が、女性の体調を整えたうえで、次回以降の周期で妊娠を目指す「凍結胚移植」では約35%となって約15%も高くなっております。

「凍結胚移植」の移植は排卵日に合わせて行われるため、生理周期の規則正しい人なら「自然周期移植」を選ぶことができ、この方が女性の体への負担は少なくて済みます。

生理周期が不規則な場合や仕事の都合などで移植日を予め決めておきたいという人はホルモン剤の投与により排卵日を調節する「ホルモン調整周期移植」が実施されます。

「自然周期移植」でも「ホルモン調整周期移植」でも排卵予定日の1~4日前に超音波で子宮の状態を見たり、採血によるホルモン検査などにより妊娠しやすい状態になっているかどうかを調べたりします。

凍結胚移植では移植日までの時間が長くなり、その間の薬剤投与も含めて費用が高くなるというデメリットはありますが、妊娠する確率が高く女性の体への負担の少ないため、できれば「凍結胚移植」を選びたいものです。

凍結の方法はさらに2種類あり、凍結する「超高速ガラス化保存法」の方が受精卵の細胞を傷つけるリスクが少ない

2種類とはゆっくりと凍結する「緩慢凍結法」と急速に凍結する「超高速ガラス化保存法」です。

家庭の冷蔵庫でも肉や魚などを急速に冷凍できるものが普及していますが、急速に冷凍させた方が食品の新鮮さを保ち、おいしくいただくことが出来るのです。

同じ理屈で受精卵もゆっくり凍結してゆっくり解凍するより、急速に凍結して急速に解凍した方が、受精卵の細胞を傷つけるリスクが少なくなります。

冷凍技術の進歩により-196℃という超低温の液体窒素で受精卵を凍結させることができるようになりました。

 受精卵は何年も保存することが可能

余談ですが、-196℃という超低温の液体窒素で受精卵を凍結させると何年も劣化することなく保存することが可能なため、1度の採卵で複数の受精卵を作り、何年かたったのちに移植すれば弟か妹を妊娠することも可能となります。

クリニック側はクライアントの同意なしに受精卵を破棄することができないため通常は1年経過したら破棄することを契約に盛り込んでいることが多いようですが、申し出により期間を延長することもできます。

「体外受精」と同様に受精卵の保存も保険が適用されないため70万~100万円と高額になりますが、毎回採卵するのは女性の体にとって負担になるのでメリットの多い方法と言えます。

その際夫婦のどちらかが亡くなっていればこの受精卵を使っての「体外受精」ができないなどの決まりがあるので詳しくはクリニックにご相談下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする