不妊治療の基本ステップアップ治療とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
妊活夫婦
不妊治療について何も知らないんです
ドクター
一口に不妊といっても原因はいろいろあります。だからまずは不妊の原因について調べ、その上で必要な治療を提案させていただきます。
妊活夫婦
年齢的なこともあるし、経済的にも…
ドクター
どんな治療が向いているのかもご夫婦それぞれの状況によります。経済的なことを含めて納得できる方法を選んでいきましょう。

不妊治療を受けるためには年齢や仕事、経済的なことを含めて生活の色々なことを考えなければなりません。

原因も治療方針も色々あるけどまずはステップアップ治療の基本的なことについての理解を深めましょう。

一般的な不妊治療におけるステップアップ治療の流れ

不妊に悩んだ夫婦が病院や専門のクリニックで受ける一般的な不妊治療である「ステップアップ治療」について簡単に説明します。

タイミング法
排卵日にタイミングを合わせてセックスを行う方法

基礎体温や妊娠検査薬で排卵日を調べたり、病院でさらに詳しく調 べる方法がある

人工授精
精子を取り出し、洗浄し元氣な精子を選別して子宮に注入する方法

体外受精
精子と卵子を採り出し、培養液の中で受精させ受精卵として子宮に戻す方法

顕微授精
精子1個を採り出して卵子の中に送り込み受精させ受精卵として子宮に戻す方法 

まずは不妊検査から

自然妊娠を目指していてもなかなか妊娠しない場合、産婦人科や不妊専門のクリニックを訪れ、不妊治療を受けることになります。

治療に際しては不妊の原因を詳しく調べ、原因がはっきりと特定されればまずはそれに対する治療を受けます。

男性側に問題のある無精子症や女性側に問題のある両側卵管閉塞や無排卵症などがこれに当たります。

無精子症の場合は「精路再建術」や「顕微授精」などの方法が採られ、両側卵管閉塞の場合は手術や「体外受精」、無排卵症の場合は「排卵誘発剤の投与」などが行われます。

ステップアップ治療は不妊の原因が特定されない場合に行われることが多い

不妊の原因が特定されないときは多くの場合「ステップアップ治療」が行われることになります。

原因が特定され、それに対する治療や手術が行われたのち、自然妊娠で妊娠に至らなかった場合も「ステップアップ治療」が行われることもあります。

タイミング法

「タイミング法」は基礎体温をつけたり、排卵検査薬を使用したりして自宅で行う人も多いのですが、病院ではもっと詳しい検査をして排卵日に合わせてタイミングをとるよう指導が行われます。

検査の方法は排卵日の頃の頚管粘液(おりもの)をチェックして卵胞の大きさを調べたり、血中ホルモンの値を見ることでより正確に排卵日を特定します。

精子や卵子に問題が見られない場合に排卵日付近にタイミングをとっても妊娠できる可能性は20%程度なので、より正確な排卵日に合わせて行うタイミング法は通常1年間続けられます。

自分で調べても妊娠しなかったのに病院で「タイミング法」の指導を受けることで妊娠に至るケースも多く報告されています。

人工授精

それでも妊娠に至らない場合は次のステップである「人工授精」に進むことになります。

男性の体から精子を採り出し、元氣な精子を選別し、精液の洗浄を行ったうえで排卵のタイミングに合わせて子宮に送り込みます。

排卵が起こりにくい女性には「排卵誘発剤の投与」が行われることがあります。

通常クロミッドという錠剤がよく用いられます。生理の5日目から5日間程度服用します。

注射によってより強い排卵誘発剤を投与することもあります。

HMGという卵胞を大きくする注射やその後HCGという排卵を促す注射が用いられることもあるのです。

たくさんの卵子が一度に排卵されることによって三つ子や四つ子を妊娠するケースもたまにあります。

自然妊娠の場合セックスによって膣に射精された精子は頚管粘液の中を泳いで子宮に到達します。

「人工授精」の場合は精子が泳ぐ14cmほどの距離がカットされ直接子宮に精子が届けられることになります。

それでも1回の人工授精で妊娠できる確率は約7%と言われ、1年間続けた場合の累積妊娠率は25%程度とされています。

女性の体への負担を考慮し、「人工授精」を行った次の排卵日には「タイミング法」を行い、その月の排卵日には人工授精を行うというように5~6回の「人工授精」を約1年間かけて行われることが多いようです。

体外受精

ここまでのステップでも妊娠できない場合には「体外受精」に進みます。

卵子を採り出して行うので卵管閉塞など卵管の機能に問題があって排卵がうまく行かない場合や精子の力が弱い場合でも妊娠に至る確率が高まります。

「体外受精」の場合は精子と卵子を採り出して受精させ培養してから子宮に戻すので確率は「人工授精」までよりぐっと上がり、1回の「体外受精」で妊娠に至る確率は約25%です。

受精卵を培養して子宮に戻してもうまく着床できなかったり、着床できても妊娠を継続できなかったりというケースもあります。

そこで1回の採卵で複数の卵子を採卵し、受精→培養→子宮に戻す という作業を繰り返すことになります。

採卵の方法は自然周期と刺激周期があります。

通常卵子は1回の排卵で左右どちらかの卵巣から1個しか取れません。

そこで刺激周期では「排卵誘発剤」を使って卵巣を刺激してたくさんの卵子を採り出すのです。

せっかく排卵を誘発しても卵子が流れてしまってはうまく採卵できないので排卵を抑制する薬も使います。

ですから女性の体にはとても負担がかかるのです。

女性の体への負担が軽いのは自然周期ですが、この場合でも錠剤の「排卵誘発剤」が用いられることが多いです。

自然周期で採卵する卵子は1個~数個、刺激周期では5個~20個の卵子を採卵します。

顕微授精

「体外受精」では1個の卵子に対して約10万個の精子を受精させるのですが、これに対して1個の卵子に1個の精子を受精させるのが「顕微授精」です。

費用はどちらも保険が使えないので1回あたりの「体外受精」で25~50万円、「顕微授精」は「体外受精」に加えて5万円ほど余分にかかります。

受精、培養がうまく行かなかったり、受精卵がうまく着床できなかったりを何度か繰り返すことになるので妊娠するまでの費用が100万円を超えることも珍しくありません。

※「体外受精」や「顕微授精」は保険が適用されませんが「特定不妊治療費助成制度」に基づく補助金が出ます。

自治体によって異なりますのでお住いの市町村のホームページで確かめてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする