【妊活男性必読】受精卵の凍結が行われる意味は何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

受精卵の凍結は何のためにするの!

体外受精や顕微授精の際に受精卵の凍結が行われることがあります。

凍結させておくとすぐ子宮に戻さなくていいので、女性の体力が回復してからちょうどいいタイミングを見計らってから移植することが出来るのです。

その辺りのことは「採卵から凍結胚移植までの流れ」の中で触れましたが「受精卵の凍結」についてもう少し詳しく書いてみます。

体外受精や顕微授精の時は排卵促進剤などを使って排卵を促します。

そして医師が器具を使って女性の身体から排卵前の卵子を採卵します。

男性は基本的には自分でマスターベーションをして採精します。

精液は培養士によって洗浄、選別され、先ほどの卵子にふりかけ受精卵を作ります。

その受精卵が細胞分裂を起こし、胚にまで育ったところで子宮に戻すのが「新鮮胚移植」です。

排卵と同じ生理周期で戻すので自然妊娠とタイミング的には同じです。

これに対して胚にまで育った受精卵をいったん凍結させ、次かその次の生理周期で子宮に戻すのが「凍結胚移植」です。

何故受精卵を凍結するのかというと、体外受精や顕微授精の場合ホルモン剤や排卵促進剤などの薬を使ったり、針を使って採卵するので凍結しないでそのままの周期で移植すると女性の身体への負担は大変大きくなるからです。

そこ体力が回復し妊娠に適した状態になるまで待ってから子宮に戻すほうが妊娠する確率が高くなるので「受精卵の凍結」を行うのです。

そのままの生理周期で行う「新鮮胚移植」では約20%の妊娠率が、次回以降の周期で妊娠を目指す「凍結胚移植」では約35%となって約15%も高くなっていることからも凍結する意義が表れています。


この受精卵の凍結にはさらにメリットがあるのです。

体外受精は1回の挑戦で妊娠しなかったら、2回3回と挑戦することになります。

その際毎回ホルモン剤や排卵促進剤などの薬を使ったり、針を使って採卵していては女性の身体への負担が大きくなりすぎます。

通常1回の採卵で5~20個の卵子を採卵し、それぞれそれ精子をふりかけたり、顕微授精の場合は1個の卵子に1個の精子を注入して受精卵を複数作ります。

複数の受精卵ができるので1回目で着床・妊娠が確認できなくても受精卵を凍結させておくと、次回以降の周期に解凍し女性の体内に戻すことが出来るのです。

このように1回の採卵で複数回のチャレンジに使用できるというメリットがあるのです。

また凍結や解答の際に受精卵や卵子が傷ついたり死滅して使えなくなくことはありますが、実際の受精には状態のいいものを使うので凍結された受精卵や卵子から生
まれた子どもが特に異常が多いという報告はありません。

さらに凍結受精卵は数か月ではなく年単位で使用することもできるのです。

-196℃という超低温の液体窒素で受精卵を凍結させるので何年も劣化することなく保存することができ、何年かたったのちに移植すれば弟か妹を妊娠することも可能となります。

「体外受精」と同様に受精卵の保存も保険が適用されないため70万~100万円と高額になりますが、毎回採卵するのは女性の体にとって負担になるのでメリットの多い方法と言えます。

凍結後何年かたってから受精卵を使用することになるので夫婦間の状況に変化が起きている場合もあり得ます。

子作りに対する考え方の変化とか、離婚とか…

そのため凍結受精卵の使用には男女双方の同意が必要であり、片方だけが使用を望んでも使えないことになっています。

また夫婦のどちらかが亡くなっている場合もこの受精卵を使っての体外受精・顕微授精もできないことになっています。

クリニック側はクライアントの同意なしに受精卵を破棄することができないため通常は1年経過したら破棄することを契約に盛り込んでいることが多いようですが、 申し出により期間を延長することもできます。

その辺りの取り決めに関してはクリニックにお問い合わせください。

また受精卵凍結の技術は少し違う用途にも使われています。

現在パートナーのいない女性が自分の卵子を採り出して将来の妊娠を目指した体外受精、顕微授精に使用することが出来るのです。

「卵子の劣化」ということが言われて久しい今日この頃ですが、若くて元気な卵子を保存しておき、何年か後にパートナーができて自然に妊娠出来なかったときに備えて冷凍保存しておいた数年前の自分の卵子を用いて体外受精か顕微授精を行うのです。

もちろんパートナーのいる人でも今は子どもが欲しくないけど将来子どもが欲しくなったときに使うこともできます。

卵子の凍結も保険適用外で70~100万円かかります。また卵子1個につき年間約1万円の凍結保管料が必要で、卵子を解凍して体外受精を行うときにも30~50万円かかります。

技術的には何十年も凍結保存が可能で卵子は劣化しませんが、日々生活をしている私たちの体は老化します。

だから生殖可能な年齢を過ぎての移植はできないことになっています。

40歳半ばを過ぎれば妊娠出産が難しくなるので、当然と言えば当然ですが念のため。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする