会陰マッサージ

会陰マッサージは妊娠前からするとより効果的

笑顔の妊婦さん

出産するとき、できれば会陰切開はしたくないですよね。

会陰切開をしなくて済むように、妊娠8か月ごろから会陰マッサージを開始する人がいますが、実は妊娠前からはじめるとより高い効果を期待できるのです。

会陰マッサージを妊娠前からはじめることによって、「会陰切開をしなくてもよくなるかもしれないこと」にとどまらない、それ以外のメリットについてお伝えします。

会陰マッサージは妊娠前からするとより効果的

出産準備として妊婦さんに人気の会陰マッサージは、妊娠8か月を過ぎあたりから始めるとよいとされています。

何のためにするのかといえば、出産時に会陰切開しなくてすむようにするためです。

効果は人によりますが、実際に切開をしなくて済んだ人もいます。

会陰切開をした場合でも、マッサージにより会陰が柔らかくなっているため、回復が早くなります。

特に自然分娩を望む妊婦さんは、会陰マッサージをやっている人が多いです。

産科でも教えてくれるところが増えました。

出産準備の一環として行うのが一般的ですが、実は妊娠前から行うともっと効果があるのです。

妊娠前から会陰マッサージを行う効果

性交痛の解消

会陰マッサージをすることが、性交痛の解消に役立ちます。

性交痛の原因として膣の粘膜が乾燥し、膣や周辺の筋肉が固くなっていることが考えられるためです。

オイルを塗るだけでも、膣や会陰がやわらかくなり、性交痛が和らぎます。

さらに膣や周りの筋肉をほぐすことで、内臓機能を活性化し、身体全体を緩める効果があるのです。

身体が緩むとポカポカしてくるので、冷えの解消にもつながります。

身体が温まり、柔らくなることリラックスできるので、性交時の緊張緩和にもつながります。

便秘の解消

膣と会陰のマッサージをすることが便秘の解消につながります。

膣と会陰が柔らくなることに伴って、腸や周辺の臓器も刺激されて柔らかくスムーズな動きが出てくるからです。

便秘の解消は妊娠しやすく、健康的な身体を作るためにも欠かせません。

特に妊娠中は便秘になりやすいため、妊娠前及び妊娠前期から会陰マッサージを行うことが、妊娠中の便秘の予防にもつながります。

脳がリラックスして、人間関係が良くなる

会陰のマッサージによって「人間関係が良くなるってどういうこと?」って思いますよね。

順を追って説明します。

会陰や膣が柔らかくなってくると、その周辺の筋肉や皮膚も柔らかくなります。

下腹部に位置する部分なので、内臓にも影響があります。

便秘の解消にも役立ちます。

すると脳もリラックスできるので全身がほぐれてきます。

部分的にマッサージをするだけなのに全身に効果が及ぶのを感じてみてください。

体が柔らかく、みずみずしくなればストレスにも強くなるし、ご機嫌でいられる時間が長くなるので人にも優しくできます。

そうすると一緒にいる周りの人も幸せな気持ちになります。

職場や家族との人間関係も知らず知らずのうちによりよくなっているかもしれません。

熱心に取り組めば、会陰マッサージの効果はこんなところにまで及ぶものなのです。

会陰切開しなくても済む可能性が上がる

妊娠してからはじめるより、妊娠前からしていた方が、会陰切開しなくても済む可能性が高まります。

長く続けた方が、効果が上がりやすいからです。

妊娠前から会陰マッサージをはじめることにより、性交痛のある人は緩和されます。

痛みを伴わず性行為ができるわけだから、回数も増え、妊娠する可能性も高まります。

お母さんの便秘が解消され、リラックスして、機嫌がいいと赤ちゃんだって快適なはずです。

妊娠前から心身の調子がいい状態が続くと赤ちゃんの発育にもいい影響が出るし、会陰切開をしなくてもいい可能性が高まることが期待できるというわけです。

膣と会陰のマッサージのやり方

やり方は簡単です。

はじめる前にはお風呂に入って、体を清潔にしておきます。

仰向けになって行うので、場所は寝室が良いでしょう。

オイルが垂れてくるのでバスタオルを敷いておきます。

オイルを指につけてゆっくりとマッサージします。

オイルが浸透することで潤いが出てきます。

最初は無理をしないでください。

慣れきても強く触れてはいけません。

デリケートな部分だし痛くないよう細心の注意を払って行います。

気持ちよく感じることが大事です。

膣と会陰は脳との結びつきが特に強い部分なので、気持ちよさを感じることで全身がリラックスできます。

理想的には毎日ですが、週に2~3回でもあるいは、週に1回だけでもいいので続けてみましょう。

繰り返すことで、徐々に柔らかくなっていくのを感じられるはずです。

会陰マッサージの時に使うおすすめのオイル

マッサージ用のスイートアーモンドオイルカレンデュラオイルがおすすめです。

ポンプ式のものが使いやすくて便利です。

サイズは色々あるので最初は小さいものを買って、継続できるようであれば大きなものを買いましょう。

スイートアーモンドオイルは「妊娠中の人」や「更年期障害で経血の量が多くなっている人」向きです。

美容効果が高くアロマテラピーやマッサージ、膣のケアでも多用されています。

毛穴を開いて皮膚の奥に浸透する力があり、保湿し、血行をよくしてくれます。また、日焼け止めの効果もあると言われます。

カレンデュラオイルはすり傷、切り傷や炎症反応など色々な怪我にも使うことができます。

カレンデュラはキク科の植物なのでキクアレルギーのある人は気を付けてください。

花びらには怪我などで傷ついた皮膚や粘膜の修復を促進するカロテン、殺菌作用のあるタンニンやカレデュリンと呼ばれる物質が含まれています。