会陰マッサージをしたからといって必ずしも会陰の切開をしなくて済むわけではありません。

だけど会陰マッサージを行うことによって産後の傷が早く治ることもあります。

そんな経験について先日第2子を出産された、ゆかさんにお話を伺いました。

第1子の時はいきんだ時に会陰が裂けてしまった

会陰マッサージのことは第1子を生む前から知っていました。だけど自分のあそこをマッサージすることに何となく抵抗があってやりませんでした。

出産は順調でしたがもうすぐ頭が出てくるというときになって動きが止まってしまいました。あとから分かったのですがへその尾が絡んでいたのが原因だったのです。

「会陰を切ります」と言われて「ヤバい」とあせって思い切りいきんだら会陰が避けてしまいました。自分でもはっきりと分かりました。

会陰切開についてはすごく痛いことを知っていたのでできるだけ避けたかったんです。

裂けるより切った方が治りが早いというのは本当だった

「奥の方まで裂けてしまったので麻酔ができない」といわれたときは血の気が引きました。

子どもが生まれた喜びと人生でこんなに頑張ったことはないという達成感のようなものが「麻酔なしで縫う」と言われて一気に現実に引き戻された感じです。

案の定激痛です。先生を蹴らんばかりの勢いだったので看護師さん数人で抑えられて縫っていただきました。

普通は表面を切るので縫うときも麻酔が効くそうです。切るときも麻酔をするのでチクっとする程度らしいのですが、わたしの場合は途中まですごく順調で会陰の切開も必要ないと思われていました。

そこから突然切ることになってあせったわたしが勝手にいきんだことで切開が間に合わずに裂けてしまったのです。そのため麻酔ができずに激痛に見舞われたというわけです。

出産のとき陣痛があってアドレナリンが出ているせいか会陰が裂けてもそんなに痛い感覚はなかったのに縫うときはほんと痛くて叫んでしまいました。

縫った後も最悪でした。はじめて便をするときの恐怖感と言ったら…

「違う穴だから」と説明されて頭ではわかっているつもりでもまた裂けてしまうんじゃないかという恐怖で出すことができないんです。それで便を柔らかくする薬を出してもらいました。さすがにそれ用の薬なのでちゃんと出ましたが、近いところから出るので痛みはありましたよ。

退院してからも2日間ほどは本当に痛かったです。おっぱいを上げたり、おむつを替えたり色々することがあって立ったりしゃがんだりするたびに痛むんです。痛くでどうしようもないので痛み止めを飲みました。3日分出してもらっていたのを全部飲み切ったと思います。

母が来てくれていたので助かりました。というか一人だったら何もできなかったんじゃないかと思います。裂けるまでにちゃんと切ったらここまでは痛まないです。それを2番目の子どもの時に体験しました。

会陰マッサージのおかげで傷の治りが驚くほど早かった

会陰の切開を避けるために8か月ごろからオイルマッサージをしました。一度裂けた場所なのではっきり分かります。ていねいにオイルをすり込むように続けたところだんだんと柔らかくなっていくようでした。だんだん手を伸ばすのがしんどくなってきたので最後の方は夫にしてもらっていました。

出産時、切開をせずに済めば一番良かったのですが、裂けるよりはいいので先生には早めに切ってもらうようお願いしておきました。余裕をもって麻酔をしてからはさみで切ってもらいました。麻酔が効いているので切るときの痛みはありませんが肉を切っているという感覚はあったし、何とも言えない音も聞こえました。

無事出産が終わり、縫うときにも麻酔をしてもらったので上の子の時とは全然違います。

1回経験していると流れが分かるので気持ち的にもゆとりがありますね。

縫っているので突っ張った感じはありますが、上の子の時ほど痛みません。

2回目の産後は2歳年上のお兄ちゃんの世話をしながらなので運動量的には増えているはずですが縫ったところの痛みは最初の産後の比ではありません。ずいぶんと楽でした。

わたしがマッサージに使っていたカレンデュラオイルは傷にもいいとのことだったので翌日から使ってみました。

しみるかなと思っていたけどそれほどでもなくオイルを使った方が治りが早いと感じました。

傷自体が裂けたものとはさみでちゃんと切った後なので単純には比べられないけどオイルを使った方が断然治りが早いです。

産後のケアに使ったこともあるけど生む前から会陰のマッサージをしていたことで柔らかくなっていたし潤いも保てていたと思います。

結果的には切開することになったけど、痛みが少なかったことと傷の治りが早かったことによりわたしの場合は会陰マッサージをしてよかったです。

 

カレンデュラとは

カレンデュラは地中海地方が原産でヨーロッパでは古くから食用・薬用に用いられています。「皮膚のガードマン」と言われ傷ついた皮膚や血管などを修復する力があります。殺菌力・消炎力がありオイルやシップにすると傷や炎症また日焼けに対する効果があるとされております。

日本ではマリーゴールドの名前で観賞用として親しまれています。
カレンデュラオイルはすり傷、切り傷や炎症反応など色々な怪我に使うことができます。カレンデュラはキク科の植物なのでキクアレルギーのある人は気を付けてください。花びらには怪我などで傷ついた皮膚や粘膜の修復を促進するカロテン、殺菌作用のあるタンニンやカレデュリンと呼ばれる物質が含まれています。

おすすめカレンデュラオイルはこちら

「ちつのトリセツ&会陰マッサージにおすすめのオイル3選」でカレンデュラ以外のオイルも紹介しています。