妊娠しやすいベストな禁欲期間は?長すぎると精子が劣化してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

妊娠するためにはどのくらい禁欲期間がよいのでしょうか?妊娠を望んでいる人にとっては気になるところです。

一昔前はある程度禁欲した方が妊娠しやすいとされていました。期間が短すぎると「精子が薄くなる。2~3日禁欲した方が精子が濃くなって妊娠しやすくなる」といわれていたからです。

確かに数日禁欲すると下腹部にたまってる感があり、それを一気に放出すればエネルギーを開放したような気になるし、たくさんの量の精液が出で、妊娠しやすそうな氣がします。

反対に毎日夫婦仲良しの時間を持つと1回あたりの射精量は減ります。体力的にも続かなくなることもあり、パワー不足で妊娠できないんじゃないかと思ってしまいます。だから頻繁に射精すると精子が薄くなり、妊娠する確率が下がると考えられていたのです。

だけど本当のところはどうなのでしょうか?最近は「禁欲しても精子は薄くならない。毎日する方がいい」という声も聞かれるのでその辺りのところを検証してみます。

長く禁欲すると精子が古くなるってどいうこと?

最近の研究では禁欲すると精子が古くなるので、禁欲せずに毎日射精した方が新鮮で元氣な精子が得られるという考えが定着してきています。
また短時間(2~3時間)の間に続けて射精しても精子濃度に変化はないとの報告もあります(精液の量は減りますが)。

人工授精をする際、病院によっては3日前後の禁欲をしてから採精するよう指示されることもあるようですが、3日以上の禁欲は逆に精子の質が低下するというデータが出ています。実際に人工授精や体外受精、顕微授精でも毎日射精している方が妊娠する確率が高くなり、タイミング法でもセックスの頻度が高いほど妊娠率が高くなるようです。

なぜのようなことが起きるのでしょうか?

精巣(睾丸)で作られた精子は精巣上体で貯蔵されて出番を待つわけですが、そこでの待ち時間が長くなると新しい精子と古い精子が混在してしまいます。さっき作られた生まれたての精子と3日前に作られた精子とでは当然生まれたてのピチピチした精子の方が元気がいいわけです。

人工授精や体外受精、顕微受精では元気のいい精子を選別しなければならないので古い精子が多くなると邪魔になってしまいます。生きのいい精子がたくさんあった方が選びやすいわけです。

精子の進む道は過酷なサバイバルレース

タイミング法や自然妊娠の場合、セックスによって射精された精子は膣内に放たれます。その際古い精子が多いと新しい精子の邪魔になります。

この様子をマラソンに例えます。老いも若きも参加できる市民マラソンを想像してください。スタート直後はペースが遅く大混雑で、集団を抜け出すのに一苦労です。ペースの速い人と遅い人が混在していて人数がひじょうに多いので押し合いへし合いで転倒する人まで出てきます。

精子のサバイバルレースでも同じことが言えます。膣に放たれた精子が無事子宮にたどり着き、卵管で卵子と巡り合い受精に至るまでは、それはそれは長い道のりで、ほとんどの精子は道半ばで息が絶えてしまいます。射精により2億個放たれた精子のうち、大部分が志半ばで倒れ、無事子宮までたどり着けるのはたったの200個と言われています。だから市民マラソンのように老いも若きも混在しスタートから最初の数キロを歩かなければならないようなレースではそれだけで無駄にエネルギーを消耗してしまいます。

精子には3~4日という寿命があります。精子のレースは市民マラソンとは違い、脱落は命が尽きることを意味します。ゴールにたどり着くことができた1匹だけが生き残ることができる、まさに過酷なサバイバルレースなのです。

スタート前に寿命に近づいている年老いた精子には申し訳ないけど、優勝を狙っている若い精子にとっては邪魔になってしまいます。数々の困難を乗り越えてゴールにたどり着くためには、選りすぐりの精鋭たちが束になって先頭集団を形成し、お互いに協力をしながら猛スピードで突き進んで行かなければならないのです。

膣の中にある子宮頸管粘液は赤ちゃんの住みかとなる子宮の安全と平和を守るため外部からの侵入者をやっつけにかかります。ウイルスやほこりなどを除去する役割があるのですが、精子も容赦なくやられます。

その様子は戦国時代の集団戦に似ています。

最初から鉄砲に打たれる役割の兵隊が必要なのです。時代劇を見ていると勢いよく飛び出した歩兵がまず打たれます。次の球を込めている間に第二陣が攻めて行きまた打たれます。それを数回繰り返し敵陣まで踏み込み接近戦が始まります。そうやって多くの犠牲を払いながら相手の大将がいるところまで攻め込むのです。
だからスタートの時点で若くて生きのいい精子ばかりが集結している方がゴールにたどり着ける可能性が高くなるというわけです。

精子の製造スピードを上げよう!

毎日射精していると在庫切れを起こすんじゃないかと心配になりますね。だけどそれは杞憂です。

在庫を抱えて売れ残りばかり出している店舗を想像してみてください。在庫処分ばかりに時間がかかり売り上げが伸びません。

逆にどんどん売れて在庫切れになったらどうしますか?

仕入れを増やしますね。仕入れを増やすためには工場での生産量を増やします。流通のシステムも効率化しなければなりません。

これと同じことが精子の製造工程でも起こります。毎日射精をしていると精子が製造されるペースが上がってくるようです。禁欲して貯蔵庫が満タンの状態では製造の速度が落ちるのです。古くなった精子は分解されて体内に吸収されます。在庫は処分しなければならないのです。それは余分な労力となります。在庫処分に時間と労力を取られている暇はありません。そのエネルギーを生産に回しましょう。どんどん売れて在庫がなくなる前に次から次へと精子を作り出し、猛スピードで製造する体制を作り上げるのです。

最初はしんどいかもしれません。その分早く寝るなど休養を十分とる必要があります。栄養バランスのとれた食事と適度な運動もしてください。
そのうえで無理のない範囲で夫婦仲良しの時間を増やしていくことが妊娠する確率を高める方法となります。

 ベストな禁欲期間はできるだけ短い期間で無理のない範囲

毎日無理なくできるならそれがベストですが、毎日することがストレスになるなら2~3日起きでもよいでしょう。
要は二人にとってストレスのない範囲でできるだけ短い期間です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする