妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

妊活男性なら気になる!EDになると実際何が困るの?

EDってつまり勃たないわけだけど実際のところEDになると何が困るのでしょうか?

EDについてちょっと考えてみましょう!

あそこが勃たないわけだから、当然セックスができません。

最初頑張って勃っていても途中でなえてくることもあります。

ショックですv(≧□≦)v

今日はちょっと疲れていたのかな?

たまたまかな?

だけど次の機会もまた次も…

ダメだった

あそこが勃たないと男性としての自信がなくなります。

セックスができないとパートナーとの関係もこじれてしまいます。

ベッドの中だけじゃなくて日常生活もぎこちなくなります。

自信を失うと仕事や人間関係にも影響を及ぼし、ますます凹んで悪循環ってことになります。

「最近元氣がなくなってきたなぁ」

う~ん!

そう元氣がなくなってきたのです。

「元の氣」と書いて「元氣」と読みます。

氣って何でしょう。

エネルギー?

空氣、陽氣、天氣、氣持ち…

中国では氣血って言葉もあります。

ここでは血液が健康的に循環して全身イキイキとしている状態と捉えておきましょう。

「あそこが元氣」だと全身が元氣なのです。

ですが「あそこだけ元氣!」ということはあり得ません。

若いときは「朝から元氣だなぁ」と冗談めかして笑っていました。

そう笑っていられたのです。全身が元氣なんだから。

元の氣を取り戻さなくっちゃ!

 

EDは血管の病氣です

心理的なことが原因となり、性的な興奮が抑えられたり、脳からの信号がうまく伝わらず、ペニスに血液が集まらなくなることもあります。

体に何らかの異常があって勃起しなくなることだってあります。

いずれにせよ、ビンビンに勃つためには血液がペニスに集まらなければならないわけで、その血管や血液に問題があると勃たなかったり、勃っても長続きしません。

ところで「血管の病氣の代表格である脳卒中・心筋梗塞の人は100%ED」なんです。

驚きましたか?

脳卒中や心筋梗塞で今にも命の危機が迫っている人のあそこが元氣なんてありえないけど、症状が軽症の人でも勃ちません。

簡単に言うと脳や心臓の血管が詰まっているわけだから、それより細いペニスの血管には血が流れにくいってわけです。

ペニスの血管の流れが悪いと勃ちません。

糖尿病や高脂血症など何らかの原因によって脳や心臓の血管が詰まって起きるのが脳卒中・心筋梗塞。

だけどいきなり詰まるわけではありません。

そこに至る前、つまり詰まる前に詰まりやすくなっているのです。

自覚症状がない状態、本人が氣づかない間に血管が詰まりやすい状態になっていて、あるとき脳卒中・心筋梗塞が起きるのです。

理屈から言うとその前兆としてEDになっているはずなのです。

ただ疲れているからとか、なんとなく氣が進まなくてセックスから遠ざかっているだけだと思っていると脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病に近づいているなんてことが起こっているわけです。

あそこが勃たなくなったら、「年だから」と諦めてはいけません。

生活習慣病の前兆なんだから、対策を立てないと大変なことになります。

突然勃起しなくなることは珍しく、「最近勃ちにくくなってきたなぁ」ぐらいから始まるのが普通です。

その時点でいち早く気づいて生活習慣を改めることができたら、再び元氣を取り戻し、ビンビンになるのも夢ではありません。

例えば食生活を改める。

暴飲暴食はやめる。脂っこいものを控える。

最近は糖質を控えることでダイエットしたり、エネルギーあふれる肉体を取り戻すことに取り組んでいる人も多いです。

糖質とは「砂糖」のことではなく、昔「炭水化物」と言われていたものです。

ごはん、うどん、小麦粉、パン、ジャガイモなどがそれにあたります。

肉や野菜はしっかり食べて糖質を控えるのです。

ダイエットをする人や糖尿病の傾向のある人にも向いているようです。

それからストレスを溜めない生活をする。

普段仕事をしているとなかなか難しいことですが、ストレスは万病の元です。

なんとか工夫をして軽減しましょう。

自分が何にストレスを感じているのか、立ち止まってみないとなかなか分かりません。

自分がストレスを感じていることを書きだしてみることをお勧めします。

それも10個や20個じゃなくて、思い切って100個ぐらい。

「もう思いつかない」ところまで来て絞り出すように書きだすと意外なところにストレスを感じている自分を発見できるかも。

そして少しずつ改善していきましょう。

仕事を工夫することで出来るのか、誰かに助けを求めることが必要なのか。

自分自身で出来ることなのか。

とにかく一つずつ解決していきましょう。

また週に1~2回は汗をかくような運動をしたいものです。

食事がおいしくなるし、ストレス発散にもなります。

サークルとかに所属したら新しい仲間ができることもあります。

もちろん休息も大事です。

仕事の息抜きは必要ですが、プライベートの用事を作りすぎている場合は極力予定を入れないようにすることも大事です。

色々試してみましょう。

全身が元氣になると軽度のEDならすぐに改善します。

EDが改善したら知らないうちに生活習慣病の予防にもなっているはずです。

もちろん重度のEDやすでに生活習慣病を発症している方は医師や専門家の助言を受けるようにしてください。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。