妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

男性が禁欲をした方が妊娠しやすい場合だってある

妊娠を目指す夫婦にとって、男性が禁欲する方が妊娠しやすいのは本当だろうか?

一般的な答えを言うと「禁欲をした方が妊娠しやすい」というのはうそになります。

 

「一般的」と表現したのが今回のミソで、最近の傾向にちょっとだけ反論し「禁欲した方が妊娠する確率が高くなる」ことだってあるという論理を展開してみたいと思う。

 

一昔前までは「毎日セックスをしていたら精子が薄くなり妊娠しにくくなる。だからある程度禁欲をした方が妊娠しやすい」とされてきました。

 

だけど最近の研究では毎日射精しても精液中の精子濃度や運動率には変化がなく、むしろ5日以上禁欲すると検査結果が悪くなることが報告されています。

 

ある人工授精に関するデータでは禁欲期間が3日以下の妊娠率は14%以下、禁欲4~10日で10%、10日以上で3%になると報告されています。

 

反対に禁欲期間を1日にした場合は妊娠率が19%と高い結果が出ているのです。

 

またあるデータ自然妊娠についてのデータによると毎日セックスをした場合の1ヶ月の妊娠率は37%、1日おきの場合33%、週1回の場合は15%だと報告しています。

 

結論は「禁欲することによって妊娠しやすくなることはない」のである。

 

数打てば当たるようである。

 

もう少し付け加えると、禁欲をすると精子が古くなります。

 

精子の寿命は4~5日で、セックスによって射精された後の寿命は84時間つまり3.5日、さらに射精後受精可能なのは48時間(2日間)とされています。

 

禁欲をすると寿命が尽きる前の精子がたくさん溜められることになり、老兵たちは悲しいかな発射直後に命が尽きてしまう。

 

禁欲せずに例えば1日おきにセックスをしていたら、射精する時点で一番古い精子でも製造後2日目ということになり、その後2日間は生きられる。

 

射精後48時間は受精可能なので卵管内には常に受精可能な精子が待機している状態を保つことができる。

 

その結果、妊娠しやすくなるので禁欲をしない方が妊娠しやすくなる。

 

近年「禁欲期間が短い方が妊娠する確率が高くなる」ことは否定できない事実となってきている。

 

そもそも「禁欲」って何?

禁欲とはWikipediaによると「生物(動物)が普遍的に感じているであろう様々な欲求・欲望を理性で押さえること」とあります。

 

「禁欲」とはつまり「欲望」を抑えることなんです。

 

 

妊活サイトでは「禁欲=セックス及び自慰行為をしないこと」と定義されているようです。

 

本来の言葉の意味からいうとセックスが「欲望」でなければ、単に「セックスをしない」ことは禁欲ではありません。

 

言いたいことはつまり「セックスをしたくないときにセックスをしないことは禁欲にはあたらない」ということである。

 

したくないときにセックスをするデメリット

「妊娠したいなら毎日セックスする方がいい」と言われたって、毎日なんて早々出来るもんじゃありません。

 

仕事が毎日定時に終わることが出来て、プライベートの用事もあんまりなく、それでいて週末には好きなことをしてストレスもなく、毎日食事がおいしく栄養状態もばっちりで、睡眠時間も充分、健康状態はばっちり、夫婦の関係も極めて良好…

 

だとしても毎日セックスはちょっとねぇ…

 

「毎日セックスをした場合の1ヶ月の妊娠率は37%」と言われたって、毎日は無理、無理。

 

「禁欲」じゃなくて、「セックスをしない日を設けること」で妊娠率を高める方法もあり

だったら、一番妊娠する確率が高いと言われる排卵日2日前とその前後には毎日するために、セックスをしない日を設けることもありでしょう。

 

あまりにも「妊活、妊活」って必死になって、「毎日セックスする方が妊娠率が高いんだから」と理屈ではわかってもセックスをすることが楽しくなくなったらいいことはありません。

 

2~3か月は頑張れたとしても妊娠という結果が出ないと焦ってしまうし、やる気が出なくなることだってある。

 

夫婦のどちらか片方が妊活に熱心な場合は特にもう一方はやる気をなくしてしまいかねない。

 

妊活のためだけにセックスをする状態になったら、男性は勃起できなくなることもあります。

 

これを妊活EDと言います。

 

女性だって義務的なセックスでは感情的な満足を得られず、膣も濡れてこなくなります。

 

これはひじょうに残念なことです。

 

「毎日セックスをした場合の1ヶ月の妊娠率は37%」って誰のことでしょうね。

 

外国の人?

 

日本とはセックスの文化が違うから、毎日セックスもありなお国柄ってことかな?

 

或は日本人でも年齢が若ければそれもOKなのかもしれない。

 

だけど赤ちゃんができなくて意識的に妊活をしている人って年齢的に高いことが多い。

 

 

毎日セックスをしたら妊娠率が上がるのは事実だけど、体力的なことや気持ちの問題、時間的なことなどを考えたら、必ずしも効果的なやり方でないこともある。

 

セックスをしないことで体力を回復したり、時間を有効に使ってやりたいことをすることで妊活に対するパワーを充電することも大事なことです。

 

そういう意味で言うと「禁欲」をすることで妊娠しやすくなるって考えるのもありだと思う。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。