妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

ちつのトリセツ実践編 ~口にオイルを含んでも気持ち悪くないのか?~

男性にもできる「膣のトリセツ」実践編

ちつのトリセツ」カテゴリーに属するコンテンツも今回で13話目になりました。

 

書き始めた当初から最低20話は書きたいと思っていたので、近づいてきた感があります。

 

オイルケアには体を根本から改善する力があると思っているので文章にも自然と力が入ります。

 

トリセツには膣をケアすることでセックスに関することだけじゃなく、様々な体の不調が改善されることが紹介されています。

 

妊娠を目指している女性だけではなく、まだ男性と関係を持ったことのない人や、もうすでに子育ても終えて、長いことご無沙汰という女性まで幅広く勧めています。

 

膣や会陰のケアをすることで、出産のときに赤ちゃんの通り道が柔らかくなるので安産が期待できます。

 

それ以前に妊娠を目指しているときにも膣のマッサージを続けることで男性を受け入れやすくなります。

 

男性はセックス以外の時に女性の大事なところに触れることによりパートナーを思いやる気持ちが強くなることも期待できます。

 

男性経験のない女性が膣のセルフケアを行うことで、初めて男性を受け入れるときの心身の負担が軽減される可能性もあります。

 

オイルケアを行うことで膣が潤いを取り戻すので、体全体の調子がよくなります。

 

膣が濡れなくなって久しかった人も再び濡れるようになるようです。

 

これは再びセックスができる体になるということだけにとどまりません。

 

人間は心身のケアを怠らず、若々しさを保っていればいくつになっても元氣で過ごすことが出来、結果としてセックスが出来る状態が得られるのです。

 

現代の常識からはちょっとかけ離れているかもしれないけど、一説によると人間の寿命は120歳とも150とも言われています。

 

世界の奥地には仙人のような人が実在しているという話も聞いたことがあります。

 

100歳になっても元氣でいるために膣のマッサージをはじめとしたオイルケアは有効だと思うのです。

 

男性にとってのオイルケア

はてさて何度も繰り返していますが、男性だってオイルケアの恩恵にあずかりたい。

 

膣はないので諦めるとして、頭、口、耳、鼻などのケアをしましょう。

 

頭のケアは抜け毛予防になるとされています。

 

実はかなり期待しています。

 

はじめて間がないので数か月後の成果報告を乞うご期待!

 

特に今日は口について話します

口は腕の皮膚に比べて10~20倍の吸収率があるそうです。

 

膣の42倍にははるかに及ばないけど、それでも口はさすが粘膜の代表格です。

 

粘膜は普通に考えても表面の皮膚に比べて吸収率が高そうです。

 

口は食べ物を運ぶ場所だから目や鼻に比べるとオイルを入れても抵抗が少ない気がします。

 

それでも生のオイルを口に入れるなんてちょっと気持ち悪いかも。

 

そんな人に向けて私の体験をお伝えします。

 

サラダにかけるドレッシングよりもたくさんの量を使います。

 

うがいができるぐらいと言ったら想像しやすいでしょうか?

 

実際に私が使っているのはASH アーモンドスイートオイル1000ml(業務用)。


プッシュ式になっていて使いやすいんだけど、口に使うときは2プッシュ。

 

これをコップに入れます。

 

あっ、その前に歯を磨いておきます。

 

そしてコップのオイルを口に含みます。

 

飲み込んではいけません。

 

さすがにこの量は飲み込むと気持ち悪いだろうし、お腹を壊すかもしれないから。

 

さて口に含んだ感想は?

意外とあっさりしています。

 

「自分の中で目的をしっかり持っているから」っていうのもあるけど、十分耐えられるっていうか、ほとんど問題になりません。

 

むしろ水よりいいかも。

 

水を10分間「含んでおけ」と言われた方が苦痛かもしれません。

 

ちょっとドロッとしているけど、食感も悪くない。

 

このドロッとした感じが10分間含んでいても飽きさせないのかもしれない。

 

とにかく10分間なんです。

 

10分含むことで効果があるんです。

 

唇にもオイルがつくので潤っている感じがあります。

 

これをすることで冬場はカサカサになったりしにくいんじゃないかな?

 

普段夜にするのでその間にお風呂の用意とか色々します。

 

せっかくなので舌を使って口腔内のマッサージをします。

 

その方が効果が高いだろうと勝手に思っています。

 

当然口を開いたらオイルが垂れてきて大変なことになるので気をつけます。

 

唾液は多少出るけど溢れるほどではありません。

 

10分近くたったら唾液により少し量が増えるのでうがいがしやすくなります。

 

うがいは口を閉じたまま行います。

 

そしてオイルをティッシュに吐き出します。

 

洗面台に流すとオイルまみれになって大変なことになるから気をつけて!

 

それからお湯で口を注ぎます。

 

私は風呂に湯を張りながらすることが多いので、風呂場の蛇口から出るお湯を使います。

 

どれぐらいうがいするのがいいのか分からないけど、2~3回はすすぎます。

 

そしてそのあと鼻のオイルケアをします

コップにオイルを入れるのを1回だけにしたいので口が終わると、コップに残ったオイルを綿棒につけて鼻に入れます。

 

上を向いて数回綿棒で運ぶと鼻の奥までオイルが垂れてきます。

 

私は水を使っての鼻うがいができるので苦痛なく鼻の奥にオイルを入れることができます。

 

鼻の奥でオイルの味が感じられたら到達しています。

 

こんな感じて口と鼻のオイルケアをしています。

 

 

これも「ちつのトリセツ」に書いてあるので参考にしてください。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。