妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

飲んでしまった! 妊娠初期のアルコールの影響

妊娠超初期の妊婦のアルコール摂取は心配しなくていい?

妊婦のアルコール摂取が胎児に影響することはよく知られています。

 

だけど、妊娠が分かるのは1か月とか2か月、3か月。遅い人は4か月過ぎてから分かることもあります。

 

だからアルコールを摂取する習慣のある人が妊娠が分かってから慌ててネットで調べたり、専門家に相談するケースはよくあることです。

 

飲酒の頻度や1回に飲む量、妊娠が分かるまでの時間、それに個々の体質や環境など千差万別だから一概に言える答えはありません。

 

だけど一般的に言われるのは妊娠超初期、つまり4週間目までのアルコール摂取はあまり問題がないようです。

 

この時期は胎盤ができていないので母体の血管内のアルコールの影響が少ないんだとか。

 

だけど、アルコール摂取が精子や卵子の質に影響するとか言い出したら、どんなタイミングでも影響してしまうので、全く影響がないとは言い切れません。

 

だから、妊娠を目指している夫婦の特に奥さんは出来るだけアルコールを飲まないに越したことがありません。

 

とは言えたまにお酒を飲むのは楽しいもんだし、全く飲まないっていうのもね。

 

アルコールが受け付けない体質なら飲む必要はないけど、多少飲むことが出来て好きならやっぱり飲みたいものです。

 

たまに飲んでて、気づいたら妊娠してたってケースなら、「気にしない」ことが一番です。

妊娠が分かった時点で禁酒すればいいわけだし、過ぎてしまったことを後悔してくよくよしている方がお腹の赤ちゃんにいいことありません。

それより前を向いて、楽しく過ごし、栄養や睡眠を十分とることの方が大事です。

 

胎児へのアルコールの影響

では実際妊婦さんがアルコールを摂取した場合どのような影響が出るのでしょうか。

 

「お酒は20歳になってから」と言われています。

 

子供の成長にとってアルコールはよくないからです。

 

子供でさえよくないのですから、まして胎児には相当な影響が出ます。

 

妊娠の初期や後期などの時期にもよりますが、妊婦がアルコールを摂取すると胎児は母親の2倍影響を受けると言われています。

 

母親がちょっと寄ってほろ酔い気分になると、胎児はその2倍のほろ酔い加減を味わってしまうのです。

 

母親が立ち上がれないほど酔ってしまったら、胎児はその2倍…

 

大人にとってはほんの数時間か一晩寝ればいつも通りの体に戻るとしても胎児にとっての時間は大人の何倍も密度の濃い時間なのです。

 

胎児として過ごす期間というのは体の重要な器官が作られたり、脳が発達したり、母親の胎内にいることで安心感を感じたりしなければならない大切な時間なのです。

 

その時間にアルコールが入ってきたら、その発達に悪い影響がいっぱい出ます。

 

特に妊娠2~3か月の時は中枢神経や心臓、手足、目や鼻など重要な器官が作られる時期です。

 

この時期にアルコールを摂取するということは体の重要な器官に障害が出る可能性が高いということです。

 

脳の発達は妊娠後期、そして出産後も続くわけで、それ以外の身体の器官も順次作られていくのでどの時期も重要なわけですが、特に妊娠初期は重要な時期なので、妊娠が分かったらすぐにアルコールの摂取をやめる必要があります。

 

妊活男性としてできることは何でしょう

実は私たち夫婦はほとんどアルコールを飲みません。

 

私は月に1~2回、ビールならコップ1~2杯、日本酒ならお猪口に1~2杯飲む程度で、1ヶ月間全く飲まなくても何の問題もありません。

 

妻は飲めば強いみたいですが、月に1~2回、飲みに行くとチューハイか梅酒を1~2杯飲むぐらい。

 

義父はビールや日本酒が好きで毎日晩酌していますが無理に人に勧める人ではありません。

 

一緒に食事をしたときには私も少しだけ飲みます。

 

それでも半年ほど前、富山県に旅行に行き、地元のおいしいお酒を飲んだのをきっかけに夫婦で日本酒にはまりました。

 

生酒をお土産にいただき、週のうち半分ぐらい晩酌してました。

 

それでも本当に飲む人からすれば微々たる量ですよね。

 

こんな私ですから、「妊娠をきっかけにお酒をやめる方法」とか「奥さんに合わせて禁酒するため方法」、「アルコール以外の楽しみの見つけ方」という文章は書けません。

 

だけどもしかして、ちょっとは何かのヒントになるんじゃないかと思うのでアルコールや飲み会について思うことを記してみます。

 

20代の頃はアルコールを飲むのがかっこいいと思っていました。

 

仕事が終わって「お疲れ様!」ってやるのが楽しかったし、人間関係を作るためには必要なことだと思っていました。

 

酒の席での作法? お酒を注いだり、注がれたり。

 

先輩のコップが開いていたらすぐに注ぐとか、注がれたお酒は断らないとか…

 

それが礼儀だと思っていたし、社会で生きていく術たと思っていた。

 

もちろん、酒の席でおいしい料理をいただいたり、為になる話を聞くことが出来たり、単純に楽しかったりもした。

 

だけど、そんな酒の席がそんなに楽しくないと感じている自分がいることに気が付きました。

 

酒の席って色々あるけど出席者が4~5名を超えると話が飛び飛びになってしまう。

 

もっと深く話したいのに、横からお酒を注がれたり、話の展開が急に変わったり…

こういうのが苦手になってきた。

 

アルコールをあまり飲まなくなると体質的に元々強くないので弱くなる。

 

少人数で話すのはいいけど人数が増えると展開が早くなるので苦手だなーと感じるようになりました。

 

体質が変わるように性格というか性質も変わってくる、それを素直に受け入れるようにしました。

 

無理にお酒を飲まなくなっただけじゃなく、無理に人に合わせることもしなくなったのです。

 

もし、今までの価値観というか既成概念に縛られてアルコールを摂取していたり、酒の席に出席しているならやめてしまってもいいと思います。

 

その方が自分の好きなことに時間が使えます。

 

時間の使い方や人間関係は一気に変わるかもしれません。

 

アルコールをやめて水を飲むようにすれば健康的になるでしょう!

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。