妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

【妊活男性必読】胚培養士って何?~体外受精のカギを握る人~

「胚培養士」って聞いたことありますか?

不妊について調べたり、実際に不妊治療を開始して初めて「胚培養士」の存在を知った方がほとんどではないでしょうか。

 

胚培養士とは体外受精の時に「精子と卵子を受精させる」ことを仕事にしている人です。

 

特に体外受精や顕微授精に際してその成功率は胚培養士の腕にかかっているといっても過言ではありません。

 

だから病院選びは培養士選びであるとさえ言われているのです。

 

受精や培養がうまく行かないと何度も繰り返さなければならず、時間がかかるだけでなく経済的、精神的な負担も大きくなってしまいます。

 

体外受精や顕微授精を行う際には腕のいい培養士がいる病院を選びたいものです。

 

 

さてこの「胚培養士」

医師や看護師のような国家資格ではありません。

 

資格がなくても技術があれば、受精卵の培養に関わることが出来るのです。

 

だからと言ってなんの知識や技術のない人ができるはずはありません。

 

人の命にかかわる仕事ですから、当然高度な技術と豊富な知識、経験が必要となります。

 

実際の現場では臨床検査技師や衛生検査技師、大学で畜産などを勉強した人が携わっていることが多いです。

 

培養士の資格は2つあります。

 

一つは一般社団法人日本卵子学会が定める「生殖補助医療胚培養士」で、もう一つは日本臨床エンブリオロジスト学会の定める「認定臨床エンブリオロジスト」です。

 

胚培養士の養成機関もあります。

「岡山大学生殖補助医療技術キャリア養成コース」、「国際医療福祉大学大学院保険医療学専攻 生殖補助医療胚培養分野」、「徳島大学医学部大学院 生殖更年期医療学分野」の3つです。

 

いずれも卒業しただけで資格を得ることはできず、学会に所属し現場での経験を積むことで受験資格を得ることができます。

 

培養士の資格制度は最近できたもので国家資格ではありません。

 

ですから必ずしも養成機関に入学する必要はなく、現場で経験を重ね、勉強をしながら受験する人が多いようです。

 

合格しても5年ごとに更新するための審査があり、日々の研鑽が欠かせません。

 

胚培養士の仕事をご紹介します。

胚培養士は体外受精や顕微授精だけでなく精液検査や人工授精にも関わります。

精液検査は顕微鏡や専門の機器を使って精子の量や運動率などを調べます。

 

人工授精では精子を遠心分離機や薬品を使って洗浄し、元氣な精子を選別します。

 

選別された精子を女性の子宮に注入するのは医師の仕事です。

 

体外受精では培養士の役割がさらに大きくなります。

 

卵子を含む卵胞液を女性の体から取り出すのは医師ですが、卵胞液から卵子を採り出すところからは培養士の役割となるのです。

 

そして精子と卵子を受精させ、培養させることが培養士の重要な任務です。

 

採り出した卵子に付着している血液など余分なものを取り除き数時間培養します。

 

その後洗浄し、選別された精子をかけます。

 

受精すると細胞分裂が始まるので毎日状態を確認します。

 

分裂の進み具合に応じて培養液を交換し、3~5日培養して胚に育つと医師が女性の体内に戻すのです。

 

自然妊娠の場合だと卵管内で行われることを培養士が行うのです。

 

顕微授精では体外受精よりもさらに高度な技術が必要となります。

洗浄、選別した精子の中から元氣な精子を1個だけ取り出して、卵子の中に注入するのです。卵子の直径はなんと0.1ミリです。

 

その紡錘体という部分に傷つけないよう極細の針を用いて精子を注入するのです。

 

相当高い技術が求められます。

胚移植の方法はそのままの周期で子宮に戻す「新鮮胚移植」といったん凍結させて次の生理周期で戻す「凍結胚移植」があります。

 

「凍結胚移植」の方が女性の体力の回復を待って移植できるので着床、妊娠の可能性が高いとされています。

 

凍結の方法もゆっくり凍結する「緩慢凍結法」と急速に凍結する「超高速ガラス化保存法」の2種類があります。

 

急速に冷凍し、急速に解凍した方が胚の鮮度を保つことが出来るのです。

 

冷凍技術の進歩により-196℃という超低温の液体窒素で受精卵を凍結させることができるようになりましたが、関わる人の技術による部分も大きいです。

 

胚を凍結し、保存、管理するのも培養士の役割です。

 

体外受精が始まった当初はこうした作業を医師が行っていましたが、近年は専門の技術を有する胚培養士が担当しているところが多くなりました。

 

そのため病院選びを行う際には腕のいい培養士がいるところを選ぶ必要があります。

 

もちろん受精、培養、着床、妊娠には医師や胚培養士の技術だけでなく、質のいい卵子と精子が必要になります。

不妊治療がうまく行かない原因が卵子や精子の質にある場合でもその内容を詳しく知ることができたらその部分の改善に取り組むことが出来るし、納得して治療を受けることにもつながります。

 

胚培養士が行っている部分をきっちりと説明してくれる病院は、細かい部分にまで配慮が行き届いているので安心して治療を受けることができます。

 

病院によっては胚培養士の経歴がホームページにアップされていたり、詳しく書かれてあるところがありますので、チェックしてみましょう。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。