妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

【妊活男性必読】ストレスなど心因性のEDとその対策

「気持の問題」と侮るなかれ

気持ちの問題」は私たちの身体に多大なる影響を与えています。

あそこが元氣だと全身が元氣なのです。

健康的な勃起とは全身が元氣である証拠なのです。

全身とはもちろん心を含んでいます。

そもそも勃起はどうしておきるのでしょうか?

ペニスの血管に血液が大量に流れ込むことで、ギンギンになります。

男性ならドクドクと血液が流れ込むのを感じることが出来るでしょう。

「全身元氣」とは全身の血流がいい状態です。

血流が悪くなると手足など末端が冷えたり、それが進むと心臓や脳の血管が詰まって心筋梗塞や脳卒中になることがあります。

ペニスの血管は脳や心臓の血管より細いから、心筋梗塞や脳卒中より先にEDが起こります。

全身の血流が悪くなるとEDになるのです。

EDは血管の病氣です。

性的な刺激や興奮を受けるとペニスに大量の血液が流れて勃起が起きるわけです。

全身の血流が悪いときはペニスに血流を送り込みにくくなっています。

 

全身の血流が足りない中でペニスに血流を送り込んでいる場合ではないと脳が判断するのかもしれません。

 

ストレスを抱えているときは全身の血流が悪くなっています。

気分が落ち込んでいるときは心が躍動しません。

そんな時でも恐怖を感じると一氣に心拍数が上がることがありますが、健全な血圧上昇ではありません。

普段血流が足りていない状態で、いっぺんに血が流れるような出来事があったらショックで倒れてしまうかもしれません。

準備運動をせずにいきなりダッシュをすると足がつったりして転倒してしまうかもしれません。

心も体と同じように徐々に動かす必要があります。

疲れているならまず休みましょう。

そして心が冷えてると感じたら体を温めてみましょう。

足湯をしたり、お風呂に入ったり。

散歩をして少しずつ体を動かしてみましょう。

草花を見たり、動物をかわいがったり、映画を見たり、カフェでゆっくりしたり、氣持ちが休まって温まることをしてみましょう。

氣の流れと血流は大きくつながっています。

つながっているどころか氣の流れは血流そのものであると言っても過言ではないかもしれません。

心が温まっていると血流がよくなります。

血流をよくすると心が温まります。

ベースとして全身の血流がいい状態を保っておいて、そこに性的な刺激や興奮が加わると勃起します。

仕事がうまく行ってなかったり、人間関係の問題を抱えているときはセックスを楽しむ余裕も生まれません。

セックスでストレスを晴らすようなことをしていてはそのうち相手がストレスを感じてしまって拒否されたり、セックスレスの原因になってしまいます。

もしもパートナーとの間にセックスに関する不満や悩みを抱えているなら十分に話し合いましょう。

セックスはとてもデリケートな問題なので、それ以外の問題や日ごろの何氣ない会話がスムーズにできなければ話し合うことは難しいでしょう。

日ごろの他愛のない会話がとても大事です。

人間関係はすべて繋がっています。職場は職場、家庭は家庭と割り切っても氣持ちの奥では影響しています。

無意識で感じていることの影響はとても大きいのです。

仕事や家庭、両親、友達など色々ありますが、どこかで問題があると全体に影響を与えてしまいます。

大きな川の流れの中の小さなよどみが全体に影響するのです。

人間関係の流れをスムースにすることと自分の体の血流をよくすることは密接につながっています。

自分の過去のトラウマがEDの原因になっているならパートナーに話したり、専門家に相談してみましょう。

トラウマを解消することは自分の過去から現在、未来に関するよどみをなくしてきれいな流れにすることです。

バイアグラやレビトラ、シアリスといった治療薬が心理的なEDにも効果的なこともあります。

気持ちのいいセックスをしているときはお互いの氣の交流がスムーズに行われています。

それぞれの体を流れる血流がスムーズで、温かみを感じられます。

性的な刺激を受けなくても手で体に触れるだけでもぬくもりを感じられます。

自分の手のひらや手の甲をこするだけでも温かくなり気持ちもよくなります。

温かくなった手で全身をさするととても気持ちいいです。

お互いに体の気持ちいい部分に触れあうとマッサージ効果があり、体も心も気持ちよくなります。

お互いの体を温めて安心感に包まれた中でゆったりとセックスを楽しみましょう。

ペニスはとても繊細な部分です。

性的な刺激だけでは勃つことができません。前提として安らぎと安心感が必要なのです。

健全な勃起は健全な肉体と精神、健全な人間関係、明るい未来の象徴なのです。

現在の自分とパートナーの健康状態、心理状態、お互いの過去から未来への氣の流れ、二人を取り巻く人間関係の流れの象徴です。

声を大にしていいます。

「あそこが元氣だと全身が元氣」なのです。

「あそこが元氣」とは全身に血流がめぐり、パートナーとの関係もよく、仕事や家族、友人との関係もうまく行っていることの証です。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。