妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

【妊活男性必読】閉塞性無精子症 ー精子の通り道の詰まりー 

閉塞性無精子症について

閉塞性無精子症」をご存じですか?

 

精液検査によって、精子が全く見つからないか極端に少なかった場合でも妊娠をあきらめないでください。

 

 

状況によって妊娠できる可能性が少なくありません。

 

精子はちゃんと作られているのに通り道が詰まっているために射精精液中に精子が出てこないということがあるのです。

 

これを「閉塞性無精子症」と呼びます。

無精子症には大きく2種類に分けられる

精液中に精子が全く出てこない状態を無精子症と言います。

 

そして無精子症には「通り道が詰まって出てこない場合」と「精子がもともと作られていない場合」の2種類があるのです。

 

「精子がもととも作られていない」原因が精索静脈瘤か停留精巣などの場合、手術を受けるとこによって精子を作る力が蘇ってくることもあります。

 

精索静脈瘤についてはこちらを参照してください。

精巣(睾丸)で精子が作られているかどうか、つまり「通り道が詰まって出てこない場合」と「精子がもともと作られていない場合」の違いは血液中のホルモンを調べることで分かります。

精巣(睾丸)で精子が作られている場合、ホルモンに異常はありません。

今回は「閉塞性無精子症」、つまり精子は作られているのに射精精液中に精子が全くないか極わずかである場合の話です。

 

精子の通り道について

精子は陰嚢という袋の中にある精巣(睾丸)で作られます。

作られた精子は貯蔵庫である精巣上体に運ばれます。

そこから精管を通って、射精管から精子が出されて尿道を通り射精に至るのです。

 

「閉塞性無精子症」は上記のいずれか(精巣上体や精管、射精管など)が詰まることによって起きます。

 

精巣(睾丸)で精子は作られているけど通り道が詰まっている場合、手術によって詰まりを取り除けば自然に妊娠ができる可能性が出てくるのです。

または精巣(睾丸)や精子の貯蔵庫である精巣上体から精子を回収し、顕微授精(1個の精子と卵子を受精させる方法)によって妊娠を目指す方法もあります。

 

どうやって調べるの?

触診や問診によって「閉塞性無精子症」の疑いが指摘されることもあります。

触診によって精子の貯蔵庫である精巣上体の腫れが見つかればここに詰まりがあるのです。

精巣自体には問題がないので睾丸の大きさ、硬さ共に正常です。

子どもの頃に鼠経ヘルニア(脱腸)の手術をしていたり、精巣炎やおたふくかぜの既往歴があれば「閉塞性無精子症」が疑われます。

なお、「非閉塞性無精子症(精索静脈瘤など)」の場合は精子を作る機能自体に障害が生じているため睾丸の大きさは小さく、硬さは柔らかいことが多いです。

反対に精巣上体の肥大はありません。

 

「閉塞性無精子症」の原因は?

「閉塞性無精子症」の原因は先天的なものやウイルス性のもの、避妊を目的としたパイプカットなどです。

先天的なものとしては精巣上体や精管がもともと詰まっていたり、嚢胞と呼ばれる液体が射精管を塞ぐことがあります。

鼠経ヘルニアによって精管が圧迫され狭くなっている場合やウイルスや細菌が原因で精巣や精巣上体が炎症を起こして詰まることもあります。

 

そのほか尿路感染などの炎症、怪我などの外傷が治っていくときに射精管が詰まってしまうこともあるのです。

治療方法は「精路再建手術」が一般的です。

精子の通り道のどの部分が詰まっているかによって方法が決まります。

精管と精管をつなぐ「精管精管吻合術」の場合術後に精子が確認できる確率は70%以上で、パイプカットによる精

路再建では80~90%の確率で確認できます。手術時間は3時間ほどです。

一方精管と精巣上体をつなぐ精管精巣上体吻合術は難しい手術とされ、精子出現率は30~50%です。

手術時間は5時間ほどかかります。

 

手術はどこで受けられるの?

男性不妊症を専門とする泌尿器科で受けるのが一般的です。

 

術後の経過は?

術後1週間は傷口を濡らしてはいけません。

飲酒も1週間禁止です。

マスターベーションによる射精は1か月後からOKですが、セックスは2か月間できません。

陰嚢が激しく揺れることが問題だからです。

 

手術費用は?

精路再建術の費用は保険適用で15万円前後ですが、パイプカット後の再建術は保険適用とはならず40万円ほどかかります。

詳しくは手術を受ける医療機関でご確認ください。

 

精路再建術の選択

「精路再建術」は男性の「閉塞性無精子症」に対して行われる手術ですが、日本にこの手術を得意とする泌尿器科医が多くないのが現状です。

そのため男性が無精子症の場合、精巣から精子を回収し、「顕微授精」を行うケースの方が多いようです。

しかし、「顕微授精」は女性の体への負担も大きく、費用も50~100万円と高くつきます。

一方「精路再建術」で精子が再出現した場合、「自然妊娠」が可能となるので女性の体への負担は大きく減り、また第2子、第3子を「自然妊娠」できる可能性もあります。

精路の再開まで一定の時間がかかるためパートナーである女性の年齢が若いなど、ある程度時間的な余裕のある夫婦に向いていると言えます。

「閉塞性無精子症」に関して「顕微授精」と「精路再建術」の可能性があることをメリット、デメリットを説明したうえでクライアントの自由な選択を促す医療機関は少ないようです。

「精路再建術」を得意とする医療機関を自力で探す必要があるかもしれませんが、選択肢の一つとして有効な手段であると言えます。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。