妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

【妊活男性必読】男性の不妊症の原因で最も多い精子形成障害

注目されつつある男性の不妊症

不妊症とは妊娠を希望して定期的にパートナーとのセックスをしていても1年以上妊娠できない場合をいいます。

 

男性の精子と女性の卵子が出会って受精することによって妊娠が可能となるので、当然不妊の原因は男女両方に可能性がにあります。

 

女性の場合は受精後も受精卵の着床がうまく行かなかったり、妊娠しても継続できなかったりする場合があるので、不妊の原因は男性のそれより多くなります。

 

妊娠・出産は女性のみが行うことが出来るので、一昔前までは不妊の原因は女性だけにあると思われがちでした。

 

最近は「男性不妊」という言葉が一般化されてきたように男性側の原因も注目されてきました。

 

育児に参加する男性が増えてきたことも、男性不妊への注目を後押ししているように思います。

 

男性の不妊症の原因も色々ある

勃起不全(ED)や性的欲求・興奮の欠如がある場合はペニスが勃たなかったり、女性に対して性的に興奮しないのだからセックスを行うこと自体が難しくなります。

 

セックスをしない(あるいはできない)ので当然自然の状態では精子と卵子が出会うこともありません。

 

今回取り上げるのはそうではなくて、普通にパートナーとのセックスができて、当然射精もしているのに妊娠に至らないケースです。

 

通常通りセックスをして射精もできているのにその精液の中に精子がいないか、もしくは極端に少ない場合があります。

 

こんなケースが男性不妊の9割とされる「精子形成障害」です。

 

1回の射精で膣の中に放たれる精液中に精子は数億個いると言われます。

 

その中で子宮までたどりつける精子は数百個まで減ります。

 

膣内の頸管粘液は子宮内の清潔と安全を保つため、外部からの侵入物を除去しようといます。

 

精子も異物とみなされて攻撃を受けるのでその中を泳いで子宮までたどり着くのは容易なことではありません。

 

果敢に挑んでも多くの精子は残念ながら力尽きてしまうのです。

 

やっとの思いで子宮にたどり着けた数百個の精子のうちのたった1個の精子が卵子と出会い受精に至るわけです。

 

ですからはじめの数億が極端に少ないと子宮までたどり着ける精子はほとんどいません。

 

激戦に挑むには共に戦う同志は多い方がいいのです。

 

セックスは通常通りできるのに射精した精液の中に精子がいないか極端に少ない、これではいくらセックスに励んでも妊娠することは難しいというわけです。

 

妊娠を望んで定期的にセックスをしているのに子供を授かれない場合は「精子形成障害」を疑ってみましょう。

 

もちろんパートナーの女性に原因があるかもしれないので、2人で検査を受けるといいでしょう。

 

「精子形成障害」の原因で代表的なのは 「精索静脈瘤」と「停留精巣」です。

 

 

「精索静脈瘤」は精巣周囲の静脈の弁に何らかの異常があって静脈血が逆流することによって起こります。

 

精子を作る場所である精巣は体の外に出ていることで体の中より約2℃低い状態が保たれています。

 

これは精子が熱に弱い性質を持っているからです。

 

静脈が逆流するとおなかの中の温かい血液が精巣に入ってくるので熱に弱い精子は元気な状態ではいられません。

 

もう一つの「停留精巣」は精巣(睾丸)がおなかの中にあって陰嚢に降りてきていない状態です。

 

精巣がおなかの中にあり温められているので、「精索静脈瘤」と同じく精子にとっては温度が高すぎる状態になっています。

 

もともと胎児の時は精巣(睾丸)がおなかの中にありそれが徐々に降りてきて通常だと生まれるころには陰嚢の中に納まります。

 

未熟児などは精巣(睾丸)が陰嚢に降りきっていない状態で生まれることがあります。

 

それでも生後6ヶ月くらいまでだと自然に下降することもありますが、それ以降だと手術が必要になります。

 

子どもの頃に親が気付いて手術を受けることが多いです。

 

「精子形成障害」は精子を作る精巣に何らかの異常があることが多いのですが、原因不明のことも多いです。

 

まずは精子検査を受けてみましょう

方法はマスターベーションによって自分の精子を専用の容器に入れて病院に提出します。

 

それにより精子の量、精子の濃度、pH、総精子数、精子の運動率、正常精子形態率、ウイルス感染などを調べてくれます。

 

それで精子の数が通常より数が少なかったり、動きが悪い場合にはさらに詳しい検査をして原因を調べます。

 

原因が見つかると対応方法が決まるので手術や薬物治療など何らかの治療を受けることで改善が見られるケースもあります。

 

「停留精巣」の場合は手術によって精巣を正常通り陰嚢内に納め、「精索静脈瘤」の場合も手術によって静脈の逆流を防ぐことで精子が正常に製造されるようになり、結果として自然妊娠が可能となることも多いです。

 

精子は製造されているけど、精子の通り道が詰まっている「閉塞性無精子症」の場合も手術によって詰まりを取り除けば、射精された精液の中に精子が正常通り含まれるようになり自然妊娠の可能性が出てきます。

 

また射精精液中に精子がいなかったり、極端に少なくても精巣の中に精子がいる場合は手術によって精巣内から精子を回収して体外受精や顕微授精によって妊娠に至るケースもあります。

 

このように男性の不妊症の原因は「精索静脈瘤」「停留精巣」「閉塞性無精子症」など色々あり、手術を含めて治療法が確立されているものもありますので、妊娠を望んで定期的にセックスをしているけれど、妊娠の兆候がない場合は早い段階で検査・診察を受けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。