妊活の秘訣は何と言っても夫婦仲。夫婦が元氣で仲良しなら何とかなる。そんな視点でブログを書いています。

【妊活男性必読】精索静脈瘤 ー精子を作る力の低下ー 

精索静脈瘤とは

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」は聞きなれない病気ですが、男性不妊の原因の実に30~40%を占めるとも言われています。

 

男性不妊の検査を受けるとまずはじめに「精子検査」、「触診」、「血液検査」、「問診」などを行いますが、このときの「触診」で「精索静脈瘤」が見つかるケースがあります。

 

手術を受けることによって自然妊娠が可能となるケースもあり、また手術によって精索静脈瘤自体が改善されなかったとしても精巣(睾丸)にある精子を回収して、体外受精や顕微授精を行うことによって子どもを授かるケースもあります。

 

「精索」とは精管、動脈、静脈、神経、リンパ管がある部分を指し、男性の避妊術であるパイプカットはこの部分で行います。

 

この部分の静脈が何らかの原因で逆流し、瘤(こぶ)状に腫れ上がるのが「精索静脈瘤」です。

 

精子は熱に弱いため、体の中より約2℃低く保たれている睾丸(精巣)で作られます。

 

ところが精索静脈が逆流するとおなかの中の温かい血液が睾丸(精巣)に入ってきてしまうのです。

 

逆流してきた静脈血により精索が腫れ上がり、付近の温度が上がるので、その結果精子を作る機能や精子そのものが弱くなってしまいます。

 

静脈が逆流する原因

心臓から送り出された血液は動脈を通って体の各部位に運ばれます。動脈血によって運び込まれた酸素や栄養素が末端で消費され、二酸化炭素や老廃物を多く含んだ静脈血が心臓に帰ってきます。

 

静脈血は多くの場合重力に逆らって心臓に帰ってきます。

 

心臓から遠い体の末端から心臓に戻ってくる必要があるため、静脈は心臓のポンプの力が届きにくいのです。

 

だから心臓から遠い場所にある静脈はもともと逆流しやすくなっています。

 

ですが人間の体はとてもよくできており、静脈には血液の逆流を防ぐため弁がついているのです。

 

この弁に何らかの異常が起きたときに静脈が逆流するのです。

 

精索静脈瘤の自覚症状

多くの場合自覚症状はありませんが、陰のう部に不快感や痛みがでます。

 

程度の強い精索静脈瘤の場合は見た目にも瘤(こぶ)がはっきりわかることもあります。

 

検査の方法

セルフチェック

見た目にも分かりやすいのである程度は自分で調べることもできます。

 

精索静脈瘤のある方の睾丸は小さくなります。

 

正常の状態でも多少の左右差はあるのですが、どちらかの睾丸が極端に小さい場合は精索静脈瘤が疑われます。

 

ちなみに精索静脈瘤は左側に起きることが多く、また両方に起きても左側の方がより強く症状が出ることが多いので、左側の睾丸が小さい場合は特に可能性が高いです。

 

また陰のう内の血管が詰まるので、陰のうの表面がぼこぼこしたり、陰のう内の血管が浮き出て虫がいるように見えることもあります。

 

医師による診断
陰のうや陰のう上部の腫れを触診により調べます。

 

そして超音波検査により睾丸(精巣)の大きさや精索静脈の太さ、血液の逆流の有無などを確認します。

 

治療の方法

症状が軽い場合は薬によって治療を行いますが、重症の場合は手術によって静脈を縛ることで逆流を防ぎます。

 

手術の方法は色々あり、日本で一番ポピュラーなのは静脈を高い位置(おなかの中)で縛る 「精索静脈高位結紮術(せいさくじょうみゃくこういけっさつじゅつ)」です。

 

全身麻酔で行い入院が必要となります。

 

「精索静脈高位結紮術」には保険が適用されるので、支払う額は10万円前後です。

 

「精索静脈高位結紮術」を受けるための検査にも保険が適用されます。

 

これに対して、最近は静脈を足の付け根のところで縛る精索静脈低位結紮術(せいさくじょうみゃくていいけっさつじゅつ)」を受けられる病院も増えてきました。

 

局所麻酔で行うことが出来、日帰りで受けられるので便利です。

 

「精索静脈低位結紮術」は保険の適用がなく実費で20万円~40万円かかるとされています。

 

「精索静脈低位結紮術」のための検査にも保険が適用されません。

 

費用については各々の状況によって大きく変わってくるので、詳しくは手術を受ける医療機関に問い合わせてください。

 

術後の経過

術後3~4か月経つと70~80%の症例で精子の数、形、動きなどに改善が見られます。

精索静脈の逆流がなくなると精巣(睾丸)におなかの中の温かい血液が流れ込まなくなり、体内より約2℃低い理想的な温度状態の中で精子が製造されます。

 

精子の元である精母細胞が育ち射精できるようになるまで70数日を要するので、結果が表れるまでこれぐらいの日数は必要となるのです。

 

また術後6ヶ月くらい経っても改善が見られないケースもありますが、服薬などの治療を受けながら1年ぐらいは経過観察を行います。

 

残念ながら術後1年を経過しても改善が見られないケースもあります。

 

その場合でも精巣(睾丸)に精子が見つかれば体外受精・顕微授精などによって妊娠を目指す方法もあります。

 

「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」は男性不妊の原因として注目されていますが、治療方法が確立されており、手術等により自然妊娠に至るケースも少なくありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。